メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

気密測定


IMG_0042.JPG
安佐南店の岩本です。

しっかりと断熱工事も終わり 一番不透明だった性能 気密を測定します。

リノベーションでここまで結果にこだわるのはこれから住まわれる方の快適性を数値で保証するためです。

過去の経験からこの数値は非常に温度差の快適性に左右します。

今回 坂内 志茂が頑張った結果ですので非常に楽しみです。

目標値は2で設定しています。

空気を負圧にして 検査します。

空気が流入するところが気密が取れていないところなので 検査中も塞いでいきます。

IMG_0043.JPG
土台の接合部 木材のつなぎ目 各所に気密が取れていないところが発見されます。

吹き付けでやってもこれだけ漏れる これが気密を取ることの難しさです。

特にリノベーションの場合は 基礎断熱にすることができないために土台と基礎の隙間などから漏れたりました。

新築では気密パッキンなどが使えますが リノベーションの性能向上の難しいところです。

気密値の結果は c値 1.1 でした。

この結果なら安心です。

目標値ははるかにクリアできたので これで安心してお客様にエアコン一台で家中を温めることができる家とお伝え出来ます。

断熱 耐震の工事が終わりましたので、これからは仕上げ工事です。

造作などたくさんあるので大工さんは大変ですがしっかりといいものを作ってもらいます!!






吹き付け断熱工事


2019_11_05_18_47_06_553_12.jpg
安佐南店の岩本です。

断熱材の吹き付けしました。

発泡する素材を吹き付けていきます。

壁は80MM 天井は200MM しっかり予定通りの厚みに吹き付けていきます。

2019_11_05_18_47_06_665_26.jpg

今回吹き付け断熱を選んだ理由は 気密値を出すためです。

繊維の断熱材や押出ポリスチレンといった断熱材だとなかなか隙間を埋めることは出来ません。

気密のテープなど使用しても木材の接合部や 金物の接合部 どこからでも空気が漏れてしまいます。

空気が漏れるというのは 穴だらけのマフラーをしているのと同じです。

いい素材でも暖かくなりません。

施工後はその測定をしていきます。

マエダハウジングの技術を集めたモデルハウス リノベーションであっても高気密の結果がでると信じています。





フレーム2


2019_10_18_17_31_33_577_18 (1).jpg
安佐南店の岩本です。

写真は 耐震用のフレーム YKKapさんのフレームⅡ です。

どういうものかといいますと 開口部で耐力壁にできるフレームです。

少し難しいですね。

本来窓や開口部は地震に弱いところです。

窓をつけても地震に強い壁にするためのフレームⅡを採用しています。

そのことで大開口で光を入れることができます。

もし 同じ地震の強さで 写真の壁に窓をつけるとしたら 引違窓は一つしかつかないのです。

窓は欲しいけど地震に強くしたいときに最適ですね。

何故地震に強いかといいますと、

2019_10_01_18_48_21_640_4.jpg
この緑のところがポイントです。

これはアラミド繊維といいまして、防弾チョッキなどにも使われる素材です。

引張などにとても強い繊維質をつかうことで、接合部が壊れたりしないようにがっちりとしたフレームになります。

大変重たいので組立は数人がかり 

良い家づくりのために職人さんに頑張ってもらっています。

2019_09_30_16_04_35_264_2.jpg

ひとつひとつを丁寧に 安心な家づくりにしていきます。



1  2  3
ブログ一覧はこちら
  • 来店案内
  • 現場見学会情報