• HOME
  • 社長ブログ

日経新聞 「空き家解消 市町村主導」

  • 投稿日:2017年 8月17日
  • テーマ:

空き家解消、市町村が主導

日経新聞の記事です。

20170817092620-0001.jpg


「市町村が空き家の情報を積極的に集め、土地や建物の売買のほか公園への転用などの仲介役まで担うようにする。


所有者が分からない空き家が多い実情を踏まえ、市町村は個人や世帯の情報をつかみやすいとみて、行政主導で解消につなげる。買い手への税優遇も検討する」


空き家は過去最高の820万戸あり、空家率は13.5%になります。


そのうち賃貸用が429万戸ありますが、一番の問題は所有者不明や破損で活用が難しい272万戸に上る空き家です。

2030年代には空き家率が30%を超えることも考えられます。30%を超えると犯罪、放火、落書きなど防犯上危険と言われています。この所有者不明の空き家を特定する作業が急務になっています。

記事の中では、ある地域に3戸の空き家がある場合、空き家の所有者を調べ、1戸は隣に売り家を増築し、残り2戸は統合して公園に変えるというイメージです。

日経.jpg


「空き家バンク」もありますが、実際は「空き家を売買したい人だけが利用しており、放置されている家屋の問題解消につながっていない」(国交省)という状態です。


この記事の隣には、「集落190か所が消滅」と言う記事が掲載されていました。

人口減少率トップである秋田県の男鹿市では、148集落のうち4割が消滅したという事です。

高知県では、かっては100人以上暮らしていた集落が今春ついに0になったそうです。

減少する人口を計画的に地域中心部に集めるコンパクトシティ構想はインフラサービスにお金をできるだけかけられないという現在の財政から言うと「賢く縮む」方法です。

買主側の税制上の優遇が検討されています。空き家をそのままにしていても、持ち主も近所も相続人もだれも喜びません。

まずは、一歩動くことから。ぜひ「困った空き家」を「生きた資産」に変えて安心安全な街づくりになればと願います。



 



人生フルーツ 八丁座

  • 投稿日:2017年 8月13日
  • テーマ:

「風が吹けば、枯れ葉が落ちる。 枯葉が落ちれば、土が肥える。

土が肥えれば、果実が実る。こつこつゆっくり。

人生フルーツ。」

樹木希林のナレーションから始まる話題の「人生フルーツ」を見に八丁座に行きました。

social_banner[1].jpg


序破急さんのEndMarkの裏面には毎回弊社の広告が掲載されています。

170718広告-マエダハウジング様.jpg



今月のおススメはこの「人生フルーツ」でした。


90歳と87歳の津端夫婦の日常を捉えた素晴らしいドキュメンタリー映画です。

広島大学の教授も務めたことのある建築家津端修一さんは、愛知県の高蔵寺ニュータウンに40年前、雑木林に囲まれた一軒の平屋を建てました。

アントニン・レーモンドを見習って建てた家は、四季折々の野菜や果実が100種類以上も実る素敵な場所です。

この映画は元々東海テレビさんが放送したドキュメンタリーです。

それを映画化したわけですが、90歳と87歳の夫婦の自然な日常に共感する人が多く全国で話題になっています。

私たちも夫婦でよく映画館に行きますが、とても印象深かった一本です。

劇中にいくつかの建築家の言葉が出てきます。


「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」


ル・コルビュジエの言葉ですが、自分たちの「したい生活」一つ一つが宝石のように輝くためにも、家はその宝石箱でなくてはならないというこの言葉は建築に関わるものとしても考えさせられます。


「すべての答えは、偉大なる自然のなかにある」  アントニ・ガウディ


「ながく生きるほど、人生はより美しくなる」  フランク・ロイド・ライト



まさしくこの映画を見て、気づいた事です。


永く使うほど、綺麗になる。

永く生きるほど、美しくなる。

そんな人生を歩んでいきたいと思います。

ぜひ、ご覧になって見てください。




第1回マエダハウジングKENDAMAカップ開催!

  • 投稿日:2017年 8月12日
  • テーマ:

第1回マエダハウジングKENDAMAカップ開催!

廿日市で行われた「けん玉ワールドカップ」の余韻が冷めやらぬ中、この度マエダハウジングKENDAMAカップ」を「ゆめタウン廿日市」で開催することとなりました。

20170811101747-0001.jpg


弊社では経営理念に「地域の貢献」と言う言葉が入っており、4年前から「マエダハウジングカップ少年野球大会」や「マエダハウジングカップ少年少女サッカー大会」を開催しています。

私も毎月FM廿日市の「RED☆EYEのFireRadioStation」に出演ししており、その番組内で出た企画なのですがこの度実現することとなりました。

小学生以下の部と一般の部に分け、優勝者にはけん玉ワールドカップのトロフィー制作されたイワタ木工さんのオリジナルゴールド「MugenMusou」がプレゼントされます。

岩田社長からただいま作成真っ只中の写真が送られてきました。

IMG_2309.JPG

2位、3位の方にはオリジナルの盾を。そして、参加者全員にけん玉ストラップをプレゼントします。

私も審査員として当日参加しますが、進行はけん玉ワールドカップ公式テーマソングのRED☆EYEと先日もワールドカップでギネス記録にチャレンジされたけん玉ショップ「夢」オーナーの砂原先生。

そして、広島唯一のサンバダンサーEkkoさんが来てサンバで盛り上げてくれます。

当日も朝10:30より受付していますが、事前受付も可。Kendama shop&salon夢 マリーナホップ店、Kendama Shop Yume.、FMはつかいちで応募受け付けています。

20170811101756-0001.jpg



けん玉発祥の地、廿日市でぜひけん玉を一緒に盛り上げていきましょう。

日時:8月19日(土) 11:00~16:00


場所:ゆめタウン廿日市 3F特設会場 (紀伊国屋書店前)

スケジュール:10:30 受付開始
         11:00 開会式
         11:10 競技開始 予選
         13:00 ライブ
         15:00 決勝戦
         15:45 審査発表・表彰式

問合せ:夢 マリーナホップ店 082-231-3332




1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11