800万円台でフルリフォームは可能?どこまでできるのかと注意したいポイント

800万円台でフルリフォームは可能?どこまでできるのかと注意したいポイント
リフォームの計画を立てる際、ほとんどの方は、まず「どれくらいの予算でリフォームするか」を考えるでしょう。そこで今回は、「予算800万円台」のリフォームについてご紹介します。果たして800万円台でどこまでリフォームできるのか、また、800万円台のリフォームで気を付けたいことは何か、を詳しく解説していきます。現在リフォームを検討されている方は、是非参考にしてください。

800万円台のリフォームでは何ができる?

12_800万_リフォーム_1.jpg
一般的に、リフォーム・リノベーションの目安は、「㎡=10万円」である、と言われています。つまり、ファミリータイプのマンションに多い、面積が70~80㎡で、間取りがおよそ3LDK~4LDKの物件であれば、全面リフォームも可能であるということです。
さらには、マンションのスケルトンリフォームや、2LDK程度の広さのマンションであれば、デザイン性の高いデザイナーズリフォームが可能になるケースもあります。

また、一戸建て住宅であっても全面リフォームが可能でしょう。築40年、築50年といった古民家の平屋(平家)を、自分好みのデザインに再生する...といったこともできます。
他にも、予算が800万円あれば、工事メニューの予算配分次第で、「キッチンのグレードをアップしたい」「リビングの床材を、今までよりも良いものにしたい」など、我が家に「こだわり」を持たせることもできるでしょう。

800万円の予算があれば、豪華な設備や素材を使わなければ、たいていの戸建てやマンションのフルリフォームが可能です。間取りを変更したり、配管や新しいものを新調したりするなど、ライフスタイルにあったリフォームができるようになります。


水まわりをハイグレードな設備に一新するリフォーム

水まわり(キッチン・トイレ・浴室)の増設や交換、それらに伴う排水管及び配線の工事、といったリフォームにかかる費用は、およそ500~800万円です。
800万円あれば、水まわり設備の一新や、キッチンの移設なども可能になるでしょう。また、水まわりの照明やタイル、アクセサリー類など、デザインにこだわることもできます。
せっかくなので、水まわりを自分好みの空間にリフォームするのも楽しそうですね。


大幅な増改築を伴うリフォーム

12_800万_リフォーム_2.jpg
800万円台の予算があれば、1階と2階を同時に増築するなど、外から見てもすぐにわかるくらいの、大幅な増改築リフォームも可能です。
子供が産まれるなど、家族が増えるとどうしても必要な部屋数も増えてしまいます。間取りの変更だけでは対応しきれない場合は、増築リフォームで新たなスペースを確保することも検討してみましょう。

また、住まいを住宅兼店舗、もしくは住宅兼事務所として使用するなど、店舗部分やショールームの増築を検討している方も、800万円台の予算を考えておくと安心です。
具体的には、仕事場となる場所の間取り変更を行い、そこへ必要な設備や備品を投入。さらに、来客が使用することを考えると、トイレのリノベーションも必要です。これらの予算をすべて合算すると、800万円ほどかかるでしょう。


二世帯住宅に変えるリフォーム

本格的な二世帯住宅へのリフォームとなると、大規模な間取り変更や増築が必要となります。また、水まわりや玄関の増設など、従来のリフォームでは行わない改修も必須です。そのため、二世帯住宅へのリフォームは、一般的な戸建て住宅の全面リフォームよりも費用がかかると考えておきましょう。

二世帯住宅にリフォームする場合、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」を利用した、補助金で賄えるケースがあります。800万円に補助金がプラスされれば、かなり充実したリフォームが可能です。

利用する際は
・その住宅で三世代が暮らすこと
・キッチン、トイレ、玄関、浴室のうち、2つ以上の設置個所が増える
など、いくつか条件があります。

二世帯住宅へのリフォームを検討している方は、それらの条件を満たしているか、一度チェックしてみるとよいでしょう。


耐震補強+バリアフリー化のリフォーム

今の住まいにこれからも長く住み続けるのなら、バリアフリー対策や耐震面の見直しは必須です。例えば、室内を400~500万円程度でフルリフォームし、そこに耐震工事と全面バリアフリー化を追加した場合、800万円ほどかかります。

基礎や壁の補強など、耐震補強工事に必要な費用はおよそ150万円。家全体をバリアフリー化する工事に必要な費用は、およそ200万円です。リフォームをするタイミングで、耐震補強工事とバリアフリー工事を同時に行っておくと、将来にわたって安心して暮らせるようになるでしょう。


800万円台でリフォームする際の注意点

12_800万_リフォーム_3.jpg
リフォームを行う際、意外と見落としてしまうのが、扉や障子などの建具を交換する費用です。枚数が少ない場合はさほど負担にはなりませんが、フルリフォームを行う場合、思いのほか費用が増えてしまうことも。建具の交換費用は、種類によって異なりますが、およそ1か所あたり5~10万円ほど見積もっておくと安心です。

また、リフォームの費用は、物件やリフォーム会社によって大きく異なります。自分で「だいたい800万円くらいかな」と思っていても、実際にリフォーム会社に依頼すると、大幅に予算オーバーしてしまった...というケースも少なくありません。必ず見積もりを依頼して、希望するリフォームが800万円台で収まるかどうかを確認しておきましょう。

さらに、工事内容によっては、仮住まいを探さなければいけないケースもあります。仮住まいの家賃や引っ越しの費用も見積もっておくと安心です。


リフォームは信頼できる会社に依頼しよう

住まいのリフォームは一生に一度、という人も少なくありません。だからこそ、信頼できるリフォーム会社に依頼して、失敗しない、後悔しないリフォームにしたいものです。 マエダハウジングでは、リフォーム・リノベーションの無料見積もりを行っています。広島でマンションや戸建てのリフォームをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

理想の暮らしがきっと見つかる、
事例集・資料集をプレゼント

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。30年間、3万件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2023年1月時点)9年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。