トイレリフォームの基礎知識!種類・価格・工期・本体の選び方

トイレリフォームの基礎知識!種類・価格・工期・本体の選び方
トイレのリフォームには、さまざまな種類があることを知っていますか?「便座」「トイレ本体」「トイレ本体と内装」「トイレのバリアフリー化」など、トイレのリフォームは使い勝手や費用、工期などを総合的に考え、自分の理想とするトイレを作ることが可能です。 今回は、トイレリフォームの種類や工期、価格相場、トイレ本体の選び方を紹介します。

トイレのリフォームにはこんな種類がある


トイレのリフォームには、大きく4つの種類があります。ひとつずつ見ていきましょう。


便座交換

便座交換は、タンクや便器はそのままで、座るところのみを交換するリフォームです。便座を交換することで、ウォシュレットやウォームレット(暖房便座)はもちろん、自動洗浄機能や使うたびに除菌できる機能などが搭載でき、清潔で快適なトイレへと生まれ変わらせることができます。

部分的な取り替えなので、工期や費用が抑えられる点もメリットです。ウォシュレットやウォームレットなどの機能を付けるためには、電源を確保する必要があるため、トイレにコンセントがあるかどうかチェックしておきましょう。


トイレ本体の交換

トイレ本体の交換とは、タンクや便座、便器を含むトイレ本体をすべて取り替えるリフォームです。トイレの種類は大きく分けて、タンク、便座、便器がそれぞれ独立した「組み合わせ便器」、タンク、便座、便器がすべて一体化された「便座一体型トイレ」、水を溜めておくタンクがない「タンクレストイレ」の3種類があります。

価格や使い勝手、デザインなどがそれぞれ違うので、商品を見比べながら生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。最新のトイレにリフォームすれば、節水ができたり掃除の負担が軽くなったりとさまざまなメリットがあります。

トイレ本体の交換で注意しておきたいことは、新しいトイレと古いトイレとではサイズや形が違うことがあり、古いトイレの跡が残る可能性があるということです。また、手洗い場の付いていないタンクレスにする場合は、新たな手洗い場の確保も必要になるでしょう。


内装(床・壁)+トイレ本体の交換

トイレ本体の交換とともに、壁や床もいっしょに新しくすると、トイレを快適にするだけでなく、トイレの空間そのものを清潔感のある美しい場所に生まれ変わらせることが可能です。また、床を新しくすることで、トイレ本体の交換の注意点でお伝えした、古いトイレの跡が残るという心配もなくなります。

カフェのようなおしゃれなトイレ、壁紙にこだわった北欧風のトイレ、ホテルのようなラグジュアリーなトイレなど、自分の思いのままにトイレをアレンジできるところが魅力でしょう。

気をつけておきたいのは、便座交換やトイレ本体の交換と比べて工期が長くなり、費用もかかるという点です。また、選んだ床材によっては、ドア部分などに段差が生じてしまう可能性があるということも覚えておいてください。


バリアフリー化

トイレを、小さな子どもやお年寄りにやさしいバリアフリーにすることも可能です。段差のない吊り下げタイプの引き戸や滑りにくい床材、車いすに乗ったまま使用できるトイレなどを採用することで、安心・安全なトイレを作ることができます。手すりを付けたり、収納棚を設置したりすると、さらに機能性の高いトイレになるので、バリアフリー化する際はいっしょに検討してみると良いでしょう。

一方、バリアフリー化のトイレリフォームでは床下地の組み換えや配管工事など、内装+トイレ本体の交換ではしない工程が増えるため、工期が長くなる点には注意が必要です。また、トイレの構造上バリアフリー化自体が難しいこともあるので、一度相談してみてくださいね。


トイレのリフォーム、相場と工期は?


次に、トイレのリフォームの価格相場と工期を紹介します。


便座交換

便座交換のリフォーム相場は、5~10万円。温水洗浄トイレの操作をリモコン式にした場合は、さらに2~4.5万円かかります。また、トイレ内にコンセントがない場合は、コンセントの増設工事が必要で、コンセント増設には1~3万円かかります。

工期の目安は、紹介した4つのリフォームの中では1番短い、30分~2時間です。リフォーム中はトイレの使用ができないため、工事の前に必ずトイレを済ませておきましょう。もし用を足したくなったら、近くの知人宅やコンビニなどのトイレを借りる必要があります。


トイレ本体の交換

トイレ本体の交換は、和式から洋式にするのか、洋式から洋式にするのかでリフォーム費用の相場が異なります。和式から洋式の場合は15~57万円、洋式から洋式の場合は3~21万円です。トイレ本体は、機能やグレードなどに差があるため、どのトイレを選ぶかで費用に大きく差がでます。
工期は、もとから付いているトイレによって差があり、目安は1日~3日。そのため、リフォーム工事中に1度もトイレに行かないというのは難しいかもしれません。
工事に入る前にトイレを済ませるのはもちろんですが、知人にトイレを貸してもらえるようお願いをしておいたり、携帯用トイレを準備したりと対応策を考えておくと良いでしょう。


内装(床・壁)+トイレ本体の交換

内装とトイレ本体の交換の両方をリフォームすると、費用の相場は14~32万円です。内装の内訳は、壁紙クロスの張り替えが2.5~4.5万円、床材の張り替えが1~6万円になります。壁にタイル材や珪藻土などを使用したいなら、プラス数万円のアップを見込んでおくと良いでしょう。
工期の目安は、1~2日です。工事が1日以上かかる場合は、仮設トイレが設置される場合がほとんどですが、念のため工事が始まる前に確認しておくと良いでしょう。


バリアフリー化

トイレをバリアフリー化するリフォームは、何を行うかによって費用が大きく異なります。例えば、扉を引き戸へ変更すると5~15万円、手すりを設置すると1~5万円、トイレスペースを拡張すると15~30万円かかります。
また、紹介した4つのリフォームの中で、トイレをバリアフリー化するときの工期が1番長くなります。工期は2日以上かかるのが一般的。2日以上工事がかかる場合は、仮設トイレが設置されるので安心してください。


トイレ本体の選び方

トイレ本体は、大きく分けて3種類あります。機能やデザイン、価格に差があるので、メリットとデメリットを踏まえながら選ぶのがおすすめです。


組み合わせトイレ

12_トイレリフォーム種類_3.jpg
組み合わせトイレとは、便器と便座を別々に選ぶことができるトイレを指します。一体型トイレやタンクレストイレに比べて低価格で、故障した場合は故障箇所のみを交換できる点がメリットです。一方、デメリットは、トイレの形状が複雑なので掃除がしにくいことが挙げられます。


一体型トイレ

12_トイレリフォーム種類_4.jpg
一体型のトイレは、便器とタンク、便座がすべてつながっているトイレを指します。凹凸が少ない形状なので掃除がしやすく、スッキリとしたデザインが魅力的です。一方、どこかが故障すると部分交換ができず、トイレ全体を交換しなければならない点はデメリットといえるでしょう。


タンクレストイレ

12_トイレリフォーム種類_5.jpg
タンクレストイレは、その名の通り、水を溜めるタンクがないトイレを指します。トイレの形状に凹凸がなくタンクもないため、掃除のしやすさは3種類のトイレの中で1番です。また、タンクをなくすことでトイレが広々とする点もメリットでしょう。しかし、水圧が弱い場所に設置すると水が流れにくかったり、手洗い場を別に作る必要があったりするなどのデメリットもあります。


自分の思い通りにカスタマイズできるトイレリフォーム

便座交換からトイレ空間全体まで、予算や理想に合わせたリフォームができるトイレ。施工期間も30分から3日ほどと、比較的短い点もメリットです。トイレ本体は、機能やデザイン、価格に差があるため、自分の予算と理想をすり合わせながら選ぶと良いでしょう。
トイレのリフォームでお困りの際は、広島でリフォーム・リノベーションを手掛けるマエダハウジングに是非ご相談ください。

理想の暮らしがきっと見つかる、
事例集・資料集をプレゼント

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。30年間、3万件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2023年1月時点)9年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。