No.556 広島市佐伯区 S様邸 戸建全面リフォーム事例

スタイリッシュリノベーションで中古戸建てを自分好みに再生

トップ画像

「こんなに古い家、とても住めそうにないな......」そんな印象の中古戸建てでも、使い勝手の良い間取りに変更したり、インテリアコーディネートを吟味することでまるで新築のような自分好みの家につくりかえる― その手段がリノベーションだ。
新築に比べて予算が抑えられ、暮らす人の志向をしっかり反映した家づくりができるとあって、今、満足度の高いマイホーム実現の手立てとして、若い年齢層からも熱い注目を浴びている。

リフォーム前

リビング 和室
洋室 和室
キッチン 洋室


リノベーションでマイホームをかなえたいという思いから、不動産売買からリノベーションまで手がけるマエダハウジングにメールし、物件探しから依頼を行ったS様。同社が手がけたリノベーション事例をHPで見て憧れたことも依頼を決めた理由の1つだった。長持ちしやすい軽量鉄骨造で、リフォーム済み物件でない戸建てを探したところ、約1ヵ月後に見つかったのが団地内の角地に建つ某大手ハウスメーカー施工の戸建て。前の所有者が住んでいる状態で中を見せてもらい、きれいに使われていることを確認し、購入を決断した。「1階の和室を洋室に変えてリビングを広く」という要望を皮切りに、「キッチンを新しく」「せっかくならトイレなど水回りも」と、当初から少しずつプランが膨らみ、最終的にほぼ全面的なリノベーションを行うことに。そのため、できるだけコストダウンを図ろうと、LDKの壁と2階の子ども部屋・和室の壁を親族を含めた6人で漆喰塗りに挑戦。実は、ご主人は外壁塗装の会社に勤務しており、漆喰の塗り方はご主人が奥様たちに伝授したとか。また、照明器具を施主支給で調達したこともコストダウンに貢献。壁やふすまなどにあしらったクロスは奥様の遊び心あふれるセレクトによるもので、「予算内でイメージ以上の仕上がりになりました」と、S様はリノベーションの成功を喜んでいる。





リフォーム後

クロス選びは遊び心がたっぷり
施主施工&支給でコストダウンも実現
奥様好みのグリーンが印象的なキッチン。水がこぼれても拭くだけで済むよう、黒のフロアタイルを敷いた
性質上、反りが見られることもある床の無垢材だが、仕事で工事現場や職人を多く見てきたご主人に「ここは反りがなくうまく張っている」と言わしめるほど、職人の丁寧な仕事ぶりが垣間見えるLDK。自然素材ならではの空気感が心地いい上、たこ焼きを作った翌朝にもにおいが消えていたという消臭効果も実感 寝室扱いにしている2階の和室は、施主施工で壁を漆喰塗りに。寝室につながるふすまと押し入れの扉の表面に大きめの柄のクロスを張ることで、印象的な和室に転換。「私が好みそうな柄のクロスをいくつか絞ってくれたので選びやすかったです」と奥様
将来子ども部屋として使う予定の洋室。折れ戸で開く押し入れ内の壁のクロスも遊び心あふれるゾウ柄。実はカーテンもアニマル柄で統一感がある ピアノと電子オルガンが並ぶピアノ室。家の構造がもともと軽量鉄骨造のため、2台の重量があっても問題なく設置できたとのこと
2階のトイレは、カラフルでポップな花柄のクロスが明るく楽しげな雰囲気を創出 階段下に配置された1階のトイレ。赤いアクセントクロスと照明がラグジュアリー感を演出
収納力の高い洗面化粧台を配置した洗面室。
フロアタイルも奥様がセレクト
階段は既存のまま活用。リノベーション後の雰囲気と違和感なくマッチしている
廊下にLDKと同じミモザの無垢材を張り、天井と壁のクロスを張り替えて収納を一新した玄関 屋内の木調感を外からも感じさせる玄関ドア。一部半透明のため、明るさを玄関内に取り込む効果もある

リフォーム概要

リフォーム費用 約670万円
種類 戸建て
築年数 約22年
施工面積 104.2㎡(31.6坪)
施工箇所 全面
工事期間 2ヵ月
家族構成 夫婦+子ども1人
施工 マエダハウジング五日市店

リフォームを終えて

要望と予算とのせめぎ合いの中で、施主支給や施主施工などコストダウンの方法をいろいろ提案してもらいながらプランを進めていき、イメージを上回る家にすることができました。中古住宅の購入は両親にとって当初不安があったようですが、生まれ変わった家を見て感激してくれたのがうれしかったです。キッチンカウンターはたまに夜一人でビールを楽しんだり、簡単に朝食を済ませてすぐに片付けられるので特に気に入っています。外壁塗装は主人の仕事が一段落したら自分の手で行うようで、それも楽しみですね。

戸建住宅リフォーム事例一覧はこちら
施工事例一覧はこちら