メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

リノベーション物件の失敗しない選び方

それぞれのマンションによって管理規約や建物の工法が異なりリノベーションしやすいかそうでない場合もあるため、建物の状態を見極める鑑識眼とその中で何ができるのかという発想力、専門的な知識を持ち合わせた専門家のサポートが必要不可欠です。


防水・構造補強等計画など修繕履歴や修繕計画やマンションの管理「ごみ置場、駐輪場の管理状況」「廊下・エレベーター・建物回りの清掃状況」「駐車場の管理状況」「廊下の照明の玉切れ放置はないか」「避難階段に物が置かれてないか」などを確認しましょう。


ドアやふすまがきちんと開閉できるかどうか、床を歩いてきしまないか、防音がきちんとされているか、ベランダ・バルコニー、押入れ・壁・天井のカビやしみの状態も見てください。土台にシロアリ対策や、防腐処理がしてあるかどうかも要確認です。


間取り図だけでは実際の使い勝手は意外に判断できないものです。実際に物件を見て日当たりが良いかどうか、風通しが良いかどうか、電気やガスのコンセントや照明のスイッチの配置も、快適な日常生活に欠かせない要素を確認することをお勧めします。


最寄の学校、スーパー、病院、郵便局、銀行などに行くのに実際はどのくらいかかるでしょうか。接している道路の交通量、坂道や川などの自然環境、昼間と夜間、晴れの日と雨の日の移動しやすさなども大切なチェックポイントです。



中古物件購入×リノベーション
リノベーションの流れ
リノベーション物件の失敗しない選び方
リノベーション成功のための交渉ポイント
中古物件購入+リノベーション体験談
金融と不動産のプロに聞く
リノベーションに関するQ&A
Renovation For Women
中古物件購入×リノベーションセミナー

  • 来店案内
  • 現場見学会情報