リノベーションで暮らしを快適に!築年数30年~の物件施工事例5選

リノベーションで暮らしを快適に!築年数30年~の物件施工事例5選
古い家やマンションを住みやすくするために、住宅をリノベーションしたいと考える方も少なくないでしょう。築50年や築60年以上の古民家のリノベーションも人気ですが、やはり身近なのは、築20年や築30年ほどの中古物件といえます。そこで今回は、築年数30年~の住宅のリノベーション施工事例をご紹介。あわせて、どのような方が築30年以上の物件をリノベーションしているのかも解説します。

築30年以上の物件をリノベーションするケースとは?

築30年以上の物件のリノベーションをされる方の年齢層はさまざまですが、ライフステージの変化が影響していることが多いのが特徴です。
まず挙げられるのが子供の独立などを機に、それまで住んでいた住宅をリフォームするケース。設備も古くなってきたが建て替えるほどではないという考えから、リノベーションを選ぶ方が多いようです。
次に挙げられるのが結婚や出産などを機に、親や祖父母から譲り受けた家や購入した中古住宅をリノベーションして住むケース。賃貸ではなく持ち家に住みたいが費用は抑えたい、という経緯でリノベーションを選ぶ方も少なくありません。


【事例紹介1】築30年の持ち家をより寛げる空間へ


ここからは実際の施工事例を見てみましょう。まずは広島市安佐北区にある、築30年のこちらの一軒家。生活スタイルや家の使い方の変化に伴い、総面積35坪の全面リノベーションをされました。
1階はLDKを広く取り、ホテルのような寛げるテイストに仕上げています。以前は奥様が教室として使用していた2階部分は、お子さんが就職されたこともあり、ご家族それぞれの部屋に変更。



1階にある夫婦の主寝室は、老後も見越して正面にトイレを配置しています。



今回のリノベーションでは、外壁も白から落ち着いた色に変更。印象がガラリと変わっています。


【事例紹介2】築31年のマンションを自分好みに


広島市安佐南区、ご両親から引き継いだ築31年のマンションを全面リノベーションされた施工事例です。施工面積23.6坪。白壁にカラフルなソファが映える、おしゃれな内装に仕上がっています。



もとは個室だった場所の一部を土間にしたことで、玄関も広々。



丸みのある壁で囲まれたスペースには、大きなカウンターと収納棚を設置。趣味の手芸を楽しむアトリエになっています。


【事例紹介3】築35年の中古物件を家族で住む新居に


広島市安佐北区にある築35年のこちらの一軒家。ご実家の近くにちょうどいい中古物件があるということで、購入からリノベーションまでマエダハウジングに任せていただきました。施工面積36.3坪。LDKや水回り、内装全面をリノベーションしています。



キッチンは、質感のある天井クロスや床のシートが高級感を演出。



水回りも、洗面台を今風にチェンジしました。クロスや床も明るい色で統一し、気持ちのいい空間に仕上がっています。


【事例紹介4】築40年の住まいを猫も過ごしやすい家に


東広島市のこちらのお宅は、長年住んできた築40年の一軒家をリノベーション。1階ほぼ全面と2階サッシのリノベーションで、施工面積は32坪。お子さんが独立してご夫婦2人と猫ちゃん1匹の暮らしになったのを機に、「これからも快適に暮らせ、かつ猫ちゃんも楽しめる家を」とリノベーションされました。



LDKはシックなクロスや木のフレームをところどころ取り入れ、落ち着いた雰囲気に仕上げています。壁付きだったキッチンも対面式に変更し、夫婦の会話が自然と弾む間取りに。



部屋の一角にあるおしゃれな格子の天井は、キャットウォークや洗濯物を干す場所として使えます。


【事例紹介5】築43年の空き家を明るく快適な家に


広島市西区にある築43年のこちらのお宅は、一級建築士のおじい様が自ら建てたという、想い入れのある一軒家をリノベーションしたもの。施工面積32坪の全面リノベーション。キッチンの場所を移し、LDKを以前より広くしています。



LDKの一角には、子供たち用の学習スペースも設置。



外壁は塗装し直して瓦も葺き替え、外観も一新させています。


築30年以上の住宅もリノベーションでガラリと変身

築30年以上の古い住宅も、リノベーションすることで、理想通りの住みやすさやデザインの家に作り変えられます。手を加えて大事に住めば、家もきっと喜んでくれるはず。「建て替えとどちらがいいだろう」「リノベーションしたらあと何年住めるだろう」「失敗しないかな」などの不安がある方は、是非一度マエダハウジングにご相談ください。


毎月50~60名の方に
資料請求を
していただいております。

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。28年間、2万6千件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2021年9月時点)7年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。