アンティーク風インテリアにマッチするリフォーム・リノベーション5選

アンティーク風インテリアにマッチするリフォーム・リノベーション5選
お部屋の雰囲気とインテリアがマッチしていることは、統一感のある素敵なお家作りに大切なポイントです。では、家具とお部屋の雰囲気を合わせるためには、どのようなリフォーム・リノベーションが合うのでしょうか?今回は、アンティークな家具に合うお部屋を、広島でリフォーム・リノベーション実績多数のマエダハウジングの施工例より5つ紹介します。

アンティークテイストとは?

アンティークとは、一般的に作られてから100年以上経過した家具や雑貨などのものを指します。重厚感や高級感があるイメージを持つ人も多いでしょう。アンティークテイストなお部屋には、アンティーク風の家具や雑貨がかかせませんが、お部屋そのものの雰囲気もアンティークに合うようにすることが必要です。
床や壁、タイルなどをこだわってこそ、おしゃれなアンティークテイストなお部屋になっていきます。アンティークテイストにリノベーション・リフォームされたお部屋のポイントを見てみましょう。


事例1.洋風アンティーク家具にマッチするリノベーション


築年数17年60㎡のマンションを、全面リノベーションしたご夫婦の事例です。工期は1.5ヵ月。大好きなアンティーク家具に囲まれて、夫婦二人が快適に過ごせるおうちを目指してコーディネートされたそうです。
全体的に内装をモノトーンで統一し、壁を温かみのある塗り壁を採用することで、アンティーク家具が映えるように計算されています。ダイニングの床に敷いた白と黒のタイルは、家具の雰囲気に合うだけでなく、テーブルや椅子を動かしても傷が目立ちにくく、清掃性が高い点もポイントです。


事例2.古材を使った梁や床を使ったリノベーション


築24年のマンションを全面リノベーションしたご夫婦の事例です。リビング・ダイニングを洋風テイスト、隣の和室を和風テイストにし、2つの違ったテイストの空間が無理なくつながるようにしたこだわりのおうちです。
梁や床、格子戸に古材を使用することで、温かみのある落ち着いた大正ロマン風の空間になっています。アンティーク風の家具との相性も抜群です。和室の壁に使用したメタリックウォールも高級感があり、アンティークの箪笥の美しさを際立たせています。


事例3.既存部分を生かしてレトロモダンな空間に


築36年96.1㎡の戸建てを、全面リノベーションした夫婦と子ども2人のご家族の事例です。工事期間は1.5ヵ月。対面キッチンや大容量のウォークインクロゼットなど、希望するポイントはしっかり押さえながら、最大限に既存部分を活用することでコストと仕上がりの両方を叶えたリノベーションです。
手持ちのアンティーク家具と調和するように、柱は既存のものを使い、床はミモザの無垢材を使用。レトロモダンなお部屋の雰囲気になっています。テレビの後ろはくすみカラーのアクセントクロスを施し、テレビボードと飾り棚は足場板を使った手作りです。


事例4.欧州のアパルトマン風リノベーション


築6年のマンションをリノベーションした夫婦と子どもがいるご家族の事例です。工事期間は1.5ヵ月となっています。ヨーロッパのアパルトマンをイメージして、お持ちのアンティーク風の食器棚や家具が映えるような設計に。 床には温かみが感じられる自然素材を使用することで、木彫のアンティーク家具がより際立つようになっています。手持ちの家具やデスクが隙間なくすっぽり収まるような設計を可能にするところもリノベーションの良さです。


事例5.昭和初期の洋館をイメージした空間


築12年80.95㎡のマンションを全面リノベーションしたご夫婦の事例です。工事期間は1.5ヵ月。かねてから集めていたアンティーク家具がマッチする、昭和初期のクラシックホテルや洋館のようなイメージで設計しました。 床や建具は、落ち着いた印象を持つダークブラウンのものを採用し、天井には雰囲気が出る間接照明をつけています。廊下への扉もレトロなデザインをセレクトし、アンティーク家具に似合うようになっています。


アンティーク風リノベーションで落ち着きのある空間に

アンティーク風の雰囲気、アンティーク家具に合うお部屋は、落ち着きがあるリラックスできる人も多いでしょう。床材に木調や自然素材を使用することで、アンティーク家具との相性も良くなります。手持ちの家具にマッチする家に住みたいときは、自分好みに床材やドア、梁などを替えられるリノベーションを行うのもひとつの方法です。


毎月50~60名の方に
資料請求を
していただいております。

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。28年間、2万6千件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2021年9月時点)7年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。