500万円のリフォームでは何ができる?施工箇所別の内容と注意点

500万円のリフォームでは何ができる?施工箇所別の内容と注意点
一戸建てやマンションに問わず、年数が経てば設備の老朽化が進んだり生活しづらいと感じたりする部分がでてくるものです。また、中古物件を購入して自分が暮らしやすいようにリフォームするケースもあるでしょう。住宅ローンを月々返済しながらのリフォームとなると、気になるポイントは予算です。そこで今回は、予算500万円でどんなリフォームが可能なのかを部屋別に見ていきます。

500万円台のリフォームでは何ができる?


予算500万円台のリフォームであれば、水回りのリフォームやキッチンのレイアウトの変更、LDKの小規模な変更、屋根や外壁塗装などが行えるでしょう。また、施工箇所を骨組みだけにして、抜本的な変更を加えるスケルトンリフォームについても、部屋の広さによっては可能となります。

例えばマンションの場合、部屋数がさほど多くなく広さも特に広くないケースであれば、家全体のリフォームを行えるでしょう。一方、一戸建てのケースでは広さにもよりますが、基本的には予算500万円でのフルリフォームは厳しいです。ただ、キッチンやLDK、水回り、1階部分のリフォームなど部分的なリフォームはできます。

この他に、築30年以上経過している物件に関しては、耐震補強や断熱性を高める必要が出てくることも。しかし、マンションでも一戸建てでも、予算500万円台で耐震や断熱リフォームをすることは難しいでしょう。


水回りの総入れ替えリフォーム


ここからは、施工箇所別にどんなリフォームができるのかを見ていきます。まずは、水回りのリフォームについて。バスルームや洗面、トイレなどの水回りの総入れ替えリフォームは、予算500万円台で収めることができるでしょう。

水回りに加えて、クロスの張替えやフローリングの張替え、段差の解消なども行えるケースもあります。ただ、水回りの位置変更に伴う配管移動を含むケースでは、予算が足りなくなる可能性も。施工会社に予算をしっかり伝え、どこまでできるか先に確認すると安心です。


キッチンスタイルを変更するリフォーム

予算500万円台であれば、キッチンのリフォーム加えてキッチンのレイアウト変更も可能です。独立キッチンをカウンタータイプやアイランドキッチンに変えたり、キッチンの位置を少しずらしてパントリーを作ったりすることもできるでしょう。

キッチンのレイアウトが変わるだけで、部屋の印象がガラッと変化します。またキッチンの交換で最新設備を導入することで、家事が格段にしやすくなるため、キッチン回りのリフォームは人気です。


クロスや照明も含めたLDKのリフォーム

普段、家族がいることの多いLDKをリフォームするのもおすすめです。予算500万円であれば、和室を洋室にしたり仕切っていた壁を取り払って広い空間にしたり、収納スペースを作ることもできるでしょう。

また、部屋の広さによっては、クロスや照明を含めて部屋全体をリフォームすることも可能に。LDKのリフォームによって雰囲気が変わり、まるで違う家に引っ越したかのように、リフレッシュできますよ。


屋根や外壁塗装のリフォーム


マンションの場合、マンション全体の意向として大規模修繕工事の名で修繕を行います。将来の大規模修繕に向けて、毎月修繕費を積み立てているのが一般的なため、個人で外壁塗装をすることはないでしょう。

一方、一戸建ての場合は、所有者の判断で外壁や屋根の塗装、張替えなどを検討することになります。その目安は10年から20年といわれており、家の内部を守るためにも重要な作業です。外壁や屋根の塗装、張替えを怠ると、雨が家の内部にしみこんで腐食したりカビがはえたりすることも。そういった劣化のせいで、かえってリフォーム費用がかさんでしまうこともあります。

屋根や外壁塗装のリフォームは、それぞれ100万円前後が相場。外観だけと考えると500万円あれば十分ですが、水回りの総入れ替えやキッチンレイアウト変更などを500万円の予算内で組み合わせて行うことは難しいでしょう。しかし、クロスやフローリングの張替えなど小規模なリフォームとの組み合わせは可能なケースもあるため、見積りをもとに検討してみてください。


500万円台でリフォームする際の注意点

最後に、500万円台でリフォームする際の注意点を見ていきましょう。

実は、500万円未満の工事に関しては、軽微な建設工事に該当するため、建設業許可を持っていない業者でも施行工事を行うことが可能です。反対に、税込み金額が500万円を超えてくるようであれば、建設業許可を保有している業者でなければ施工できません。

そのため、予算が500万円あたりのリフォームに関しては、業者選びにおいて注意が必要。なぜなら、建設許可を持っていない業者の場合、リフォームに関する知識が乏しく、リフォーム後のアフターフォローや保証をきちんと行わないケースがあるからです。

すべてがそういった悪徳業者とは限りませんが、リフォームを依頼する前にどんな会社なのか、これまでの実績や、具体的な説明があるか、詳細な見積りを出してくれるか、アフターフォローや保証はしっかりしているのかなどを確認した上で、依頼するようにしましょう。


500万円のリフォームなら部屋の印象をガラッと変えられる

予算500万円となると、比較的大きなリフォームが可能になります。これまでの雰囲気とガラッと変えられるため、リフォーム後の満足度も上がるはずです。ただ、できないこともあるため、何を優先するのかを考えて専門家に相談すると良いでしょう。広島でリフォームやリノベーションを依頼するなら、さまざまな事例に対応でき多くの施工実績があるマエダハウジングに是非お任せください。

理想の暮らしがきっと見つかる、
事例集・資料集をプレゼント

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。30年間、3万件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2023年1月時点)9年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。