マンションリフォームで騒音問題を避けるコツは?事前にチェックしよう

マンションリフォームで騒音問題を避けるコツは?事前にチェックしよう
マンションでのリフォームやリノベーションは、集合住宅で音が響きやすいといった特徴から、特に騒音問題が気になるという方も多いのではないでしょうか。中には、近隣住人との間でリフォーム工事を巡るトラブルやクレームが発生することもあるようです。 今回は、マンションリフォームで気になる騒音問題について、詳しい原因と対策方法についてまとめました。マンションのリフォーム工事で騒音が心配という方は、是非ご覧ください。

マンションのリフォームやリノベーションで騒音問題が発生しやすい原因は?

マンションのリフォームやリノベーションによる騒音トラブルは、主に何が原因なのでしょうか。よくある原因をチェックしてみましょう。


戸建てよりも音が響きやすい

14_マンションリフォーム騒音_1.jpg
家のリフォームでは、工事の音やリフォーム業者の人が行き来する音など、普段よりも大きな音が発生します。多くの人が同じ建物の中に暮らしているマンションでは、それぞれ独立した戸建てと比べると、どうしても音や振動が響きやすいのが特徴です。また、集合住宅なので、騒音が響く範囲も、両隣はもちろん上下にまで及ぶ可能性があります。

マンションでは、普段の生活音でもトラブルになることがあるため、工事の音となると更にうるさく感じる人もいるかもしれません。マンション内でのリフォームやリノベーションでは、音が響いて近隣住人とトラブルになりやすい状況であることを覚えておきましょう。


近隣住人へ挨拶をせずに工事を始める

マンション内の近隣住人に挨拶をせず工事を開始すると、後々大きなトラブルに発展することがあります。挨拶なしに工事を進めてしまうと、突然の騒音に戸惑う住人もいるでしょう。また生活スタイルによっては、工事の騒音によって普段の暮らしに大きな支障が出ることもあるかもしれません。

事前の挨拶がない場合、工事の騒音に対する心構えができず、必要な対策をとれないことが問題です。結果として、近隣住人に大きなストレスを与えることとなり、苦情やトラブルに繋がることが考えられます。


工事方法への配慮や十分な防音対策をしていない

14_マンションリフォーム騒音_2.jpg
マンションのリフォームでは、工事方法の配慮や十分な防音対策がされていないと、トラブルに繋がることがあります。例えば、早朝や夜遅くの工事は、近隣住人にとって迷惑となる可能性が高いでしょう。長時間に及ぶ工事も、同様にトラブルを引き起こすことがあります。

そのほかにも、工事をしている部屋の前に資材が乱雑に置かれていたり、工事のために共有スペースが通りにくくなったりする場合は注意しなくてはなりません。また、音が響きやすいマンション内の工事では、あらかじめ防音シートを貼っておくといった対策を取ることも大切です。

リフォーム業者によっては、きちんとした防音対策をせず、周囲への配慮が感じられない工事を行うところもあります。マンションのリフォームをする際には、工事面で信頼のおけるリフォーム会社を選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。


生活リズムに違いがある

14_マンションリフォーム騒音_3.jpg
多くの人が住んでいるマンションでは、仕事や家族構成によって、生活パターンがそれぞれ異なることも考えなければいけません。例えば、夜勤のため昼間に就寝している人は、工事の騒音で睡眠が妨げられるかもしれません。また、赤ちゃんがいるご家庭では、ちょっとした音でも迷惑に感じる可能性があります。

住んでいる人によって就寝時間やくつろぎたい時間が異なる場合、工事の時間帯を巡ってトラブルが起こりやすくなるでしょう。生活リズムは人それぞれであるため、工事時間に配慮しているつもりでも、相手が迷惑に感じているケースもあります。


マンションリフォームやリノベーションで重要な騒音対策は?

マンションリフォームでは、さまざまな原因から騒音によるトラブルに繋がることが考えられます。騒音問題を未然に防ぐためには、工事を始める前にしっかりと対策を講じることが必要です。ここからは、マンションリフォームで重要となる防音対策についてご紹介します。


近隣に事前の告知を行う

マンションリフォームでの騒音トラブルを防止するために、工事前には近隣の方に告知を行いましょう。事前に工事が始まることがわかっていれば、騒音に対してある程度の心構えができ、必要であれば日中外出するといった対策を取ることもできます。

事前の告知では、「工事の開始予定日」「工事にかかる期間」「工事内容」「工事の時間帯」「リフォーム会社の名前」などをしっかり伝えておきましょう。両隣と階をまたいだ上下のお部屋には、工事が決まったらできるだけ早く挨拶に伺うことが大切です。余裕がある場合は、マンションの同じフロアの方にも挨拶をしておくと良いでしょう。また、マンションの管理人や自治会にも事前の告知を行っておくと、後々のトラブル防止に繋がります。

なお、工事の告知は、直近ではなく出来れば1ヶ月前までに行うことがポイントです。あまりに直前ではトラブルのもととなる場合もあります。また、1ヶ月以上にわたる長期間の工事の場合は、相手が負担にならない程度に、菓子折りや日用品などの手土産を持参して挨拶することがおすすめです。事前にさまざまな配慮をしても、リフォーム工事で迷惑をかけてしまう可能性があるため、感謝の気持ちを形にあらわすことが大切です。


工事の時間帯に気をつける

14_マンションリフォーム騒音_4.jpg
工事を行う時間帯によっては、トラブルや苦情の原因となる場合もあります。
基本的には、早朝や夜遅い時間帯は避けて、日中に工事を行うようにしましょう。日中は仕事や学校などで外出している人も多く、夜間と比べると音も響きにくいからです。また、土日祝日などの休日は、ゆっくりしたいと考える人も多いので、工事は避けた方が無難でしょう。

しかし、近隣の方の生活パターンによっては、日中や平日の方が迷惑に感じるケースもあるかもしれません。トラブルを避けるために、ご近所の方のライフスタイルを考慮して、お互いが納得したうえで工事を進めたいですね。


工事が長引かないように、予定をしっかりと立てる

14_マンションリフォーム騒音_5.jpg
マンションのリフォーム工事では、当初の予定から工期が大幅に伸びることもあるでしょう。しかし、工事に遅れが出るとその分、騒音が聞こえる期間も長引いてしまうため、近隣の方に迷惑がかかってしまいます。
リフォーム会社との打ち合わせでは、事前に工事の予定をしっかり把握して、遅れが出ないように気を配りましょう。どうしても工期を伸ばさなくてはいけない場合は、迅速に近隣の方にお伝えすることが大切です。


工事中のマナーに気をつける

マンションのリフォーム工事では、事前の告知や工事方法など、ご近所の方に対して誠意ある対応が求められます。事前に工事の告知を行うことや工事の進め方に配慮することは、リフォーム工事を行ううえで基本的なマナーだといえるでしょう。

告知に関しては施主側の働きかけが大切ですが、工事の進め方や工事方法に関してはリフォーム会社が深く関わることとなります。そのため、基本的なマナーをしっかりと守って、近隣の方に配慮した工事を行ってくれるリフォーム会社を選ぶことが肝心です。


マンションリフォームの騒音トラブルは、マナー遵守で回避しよう

マンションリフォーム工事は、戸建てと違い集合住宅という特徴から、騒音トラブルが発生しやすく、最悪の場合訴訟に発展するケースもあります。工事中の騒音問題は、信頼のおけるリフォーム会社と一緒に、近隣の方に対する心配りをしっかり行うことが重要です。
「マンションリフォームの騒音問題が心配!」という方は、広島でリフォームの実績が多数あるマエダハウジングまでご相談ください。施工前から施工後まで安心してリフォームができるように、しっかりとサポートいたします。

毎月50~60名の方に
資料請求を
していただいております。

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。28年間、2万6千件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2021年9月時点)7年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。