家の維持費の内訳が知りたい!マンションと戸建ての費用の違いも解説

家の維持費の内訳が知りたい!マンションと戸建ての費用の違いも解説
住宅は購入するときのお金だけでなく、「維持費」が発生します。「いったい家の維持費ってどれくらいかかるんだろう?」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、住宅にかかる維持費の平均やその内訳、また、マンションと戸建てでの維持費の違いについて詳しく解説していきます。家の維持費が気になる…という方は、是非参考にしてみてください。

家の維持費は平均いくら?

25_家維持費_1.jpg
持ち家の維持費は、年間で約30~40万程度だと言われています。これらの維持費は、住宅ローンを完済しても続くので、家を購入する際にその点も考えておく必要があります。
家の維持費は、住む家によっても大きく異なるので、家を選ぶ際には、「維持費がどれくらいかかるのか?」もしっかり加味しておきたいところです。


家の維持費の内訳は?

25_家維持費_2.jpg
続いて、維持費の内訳をご紹介しましょう。


税金

家を購入すると、毎年「固定資産税」が発生します。固定資産税は、毎年1回もしくは4回の分割払いで支払わなければいけません。
固定資産税の額は「固定資産税評価額×1.4%」で算出されます。固定資産税評価額とは、各自治体が定める土地や建物の評価額のことで、形状や大きさ、所在地などによって評価額が変わります。

また、都市計画法による市街化区域内に家を建てた場合、「都市計画税」が課税されます。
都市計画税の算出方法は「固定資産税評価額×0.3%」です。この都市計画税は、市街化区域に属していない地域には課税されません。
都市計画税が課税されるかどうかは、各自治体で確認することができます。


修繕費用

築10年を過ぎたころから必要となるのが修繕費用です。主にフローリングの張替えや、キッチンやトイレなどの水回りのリフォームなどが必要となってきます。
また、一戸建ての場合は、外壁塗装の費用が必要となるでしょう。修繕費用は修繕箇所によっては、一度に大きな出費が必要となる場合もあります。


保険

万が一に備えて保険に加入した場合、保険費用も必要になります。特に、天災の被害に遭った場合に備えて、火災保険や地震保険は加入必須と言えるでしょう。
保険料は加入する保険によって金額は異なりますが、およそ5年間で15~20万円程度かかります。
また、住宅購入の際、団体信用生命保険・通称「団信」への加入を求められるケースも少なくありません。団信とは、ローンの契約者が支払期間中に亡くなったり、高度障害状態になったりしてしまった際にローンの残額分が保険料から支払われるものです。


【マンションと戸建て】維持費の違いは?

25_家維持費_3.jpg
最後に、マンションと戸建て、それぞれの維持費の違いを比較してみましょう。


マンション

マンションには、修繕費用、税金、保険の他に、管理費と修繕積立金が必要になります。管理費とは、マンションの共用部分を快適に維持するための費用で、主にエレベーターや自動ドアの電気代やメンテナンス、清掃業務などに充てられます。
マンションの管理費の平均は、約12,500円です。共有施設が充実していたり、豪華なマンションだったりする場合は、管理費が高くなる傾向にあります。

修繕積立金は、建物の老朽化を防ぎ、毎日快適に暮らせる環境を維持するための大規模な修繕費をマンションの住人で積み立てるための費用です。このマンションの積立金の平均は、約11,000円。ただし、積立金は築年数と共に値上げされるケースがほとんどです。
また、駐車場を契約した場合は、駐車場代も必要になります。マンションの駐車場代は5,000円~3万円程度が相場です。マンションによっては駐輪場代が必要な場合もあるでしょう。


戸建て

戸建てだけにかかる維持費は、屋根や外壁の塗装及び修繕費用、シロアリ駆除などです。マンションの場合、外壁などの修繕は大規模修繕工事で実施しますが、戸建ての場合は自身で施工業者を手配、実施する必要があります。

ちなみに、一戸建てのみにかかる修繕費用の相場は
・外壁...約135万円
・屋根...約137万円
・シロアリ駆除...約40万円
・床下...約48万円
となっています。

30年間戸建てを所有した場合、修繕費用の相場は約600~800万円だといわれています。


家の維持費は計画的に貯めておこう

家を購入したら、維持費は必ず発生します。「こんなにも高いなんて...」と後で焦ることがないよう、きちんと計画的に貯めておくことが大切です。また、家のリフォームや修繕は信頼できる業者に依頼することも、家を快適に維持するためのポイントです。
マエダハウジングでは、広島県内の戸建てやマンションのリフォームやリノベーションのほか、修繕の実績も多数あります。家の修繕でお困りの際は、是非お気軽にご相談ください。

毎月50~60名の方に
資料請求を
していただいております。

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。28年間、2万6千件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2021年9月時点)7年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。