シューズクロークのリフォームで利便性向上!種類や費用相場、事例を紹介

シューズクロークのリフォームで利便性向上!種類や費用相場、事例を紹介
「靴箱の収納が足りず、玄関が靴であふれかえっている…」「片付けてもすぐに玄関が乱れる…」、そんな靴の収納場所に頭を悩ませている人におすすめしたいのが、シューズクロークです。玄関と下駄箱をリフォームしてシューズクロークにすることで、収納力や見た目だけでなく、利便性が大きく変わります! 今回は、玄関周りの収納と使いやすさを一気にグレードアップしてくれるシューズクロークのリフォーム方法について紹介します。種類や相場感を理解し、リフォーム内容を決定する参考にしてみてください。

シューズクロークのリフォームの費用相場

20_リフォーム シューズクローク_1.jpg
シューズクロークのリフォームは、クロークの収納量によって相場が異なります。
例えば、十分なスペースがある場所をクロークとして区切るケースでは、約20〜40万円が相場です。玄関の脇にウォークインタイプを設ける場合は、1畳分で約30〜50万円、2畳以上であれば約50万円からが一般的でしょう。3畳以上かつウォークスルータイプを設けるのであれば、約50〜100万円が相場となります。
また、クロークに扉をつけたり、窓あるいは換気機能をつけたりする場合は、その分の費用が追加で必要です。


シューズクロークのリフォームの種類は?

20_リフォーム シューズクローク_2.jpg
シューズクロークは、主に以下の2タイプがあります。


ウォークインタイプ

玄関の横に収納スペースを設けるタイプで、玄関に物置を新設するイメージです。靴だけでなく、レジャー用品、ベビーカーや子供の遊び道具など、さまざまなものをたっぷりと収納できます。ただし、日常的に使用する靴を入れてしまうと、取り出す手間がかかるといった点がデメリットとなることもあります。


ウォークスルータイプ

玄関と住居スペースの合間に作り、収納スペースの間を通り抜けられるようにしたタイプです。玄関から住まいまでの導線上に設置することで、外出入の際にスムーズに荷物の取り出しや片付けができます。

ただし、人が通れる幅を確保する必要があるため、作り方によってはウォークインタイプと比べて収納量が少なめになる可能性があります。また、来客が通る際に収納物が見えてしまうことが気になる人も。その場合は、家の中に向かうための別の導線を設ける必要があるでしょう。

大きく分けると種類は2つですが、これに扉を付けて目隠しするのか、オープンタイプにするのか、なども選ぶことができます。

扉がついたタイプは収納物を目隠しできるので、玄関まわりの見た目が美しくなります。ただし、物を出し入れする際に扉を開ける手間があること、湿気や匂いがこもりやすいといったデメリットも。しかしこのデメリットは、クローク内に窓や換気機能を設置することで解消できるでしょう。

一方、扉をつけない場合のメリットは物の出し入れが楽である点。加えて、扉分のリフォーム費用のコストダウンが図れます。デメリットは、クローク内部が丸見えになってしまう点。気になるようであれば、入り口の上部にローススクリーンを設置して、来客時のみ下ろすようにするなどの工夫をすると良いでしょう。


工期はどのくらい?

シューズクロークのリフォームの工期は、棚を取り付けるだけなのか、玄関まわりを広くリフォームするかによって異なります。
一般的に、玄関の大きさを変えたり土間や床などの変更をしたりなどの場合は2週間以上の工期が必要なので、シューズクロークのリフォームの工事期間は2週間〜1ヵ月程度を見込んでおくと良いでしょう。


シューズクロークのリフォームの事例紹介

最後に、マエダハウジングが手がけたシューズクロークのリフォーム事例を3つご紹介します。玄関リフォームのイメージの参考にしてみてくださいね。


隣の部屋と玄関を一体化して収納スペースを確保

20_リフォーム シューズクローク_3.jpg
まずは、築23年のマンションの玄関まわりをリフォームした事例です。玄関横の洋室の一部を取り込むことで、広い土間収納を実現。広くなった玄関には、天井近くまであるシューズクローゼットを設けました。


マンション特有の狭い玄関にシューズクロークを新設

20_リフォーム シューズクローク_4.jpg
続いては、築34年のマンションの玄関まわりをリフォームした事例です。こちらも、居室の一部と玄関を一体化して、土間とシューズクロークを設けました。
ベビーカーを置いてもこの広さ!マンションの玄関とは思えない、素敵な玄関に変身しました。


重厚感かつ統一感のある玄関に

20_リフォーム シューズクローク_5.jpg
最後は、築12年のマンションの玄関まわりをリフォームした事例です。元々あった下駄箱を天井まであるシューズクロークにし、全体を濃いブラウンで統一。重厚感ある玄関に生まれ変わりました。費用は約100万円、工事期間は2週間です。


シューズクロークをリフォームして利便性アップ!

シューズクロークは、靴だけでなくさまざまな日用品の収納に活躍するスペースです。戸建てだけでなく、今回紹介した事例のように狭いマンションの玄関をシューズクロークにリフォームすることも可能!今の玄関を使いやすく変えたい...という方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

マエダハウジングでは、玄関および収納スペースのリフォーム・リノベーション事例が多数あります。施工前~施工後までお客様をしっかりとサポートいたしますので、広島でシューズクロークの設置を検討している方は、是非マエダハウジングまでご相談ください。

毎月50~60名の方に
資料請求を
していただいております。

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。28年間、2万6千件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2021年9月時点)7年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。