No.904 東広島市 K様邸 戸建全面リフォーム事例

ご夫婦と猫が楽しく自遊に暮らす住まいへ

リフォーム前

リビング キッチン
和室 トイレ

猫のハナちゃんは2代目。初代は祖父母がいたときから家族の一員で、K様が譲り受け可愛がっていた。初代が亡くなり、ご主人は仕事で忙しい日々を過ごしていたことから奥様も寂しい思いをするだろう、それが同じ名前をつけたハナちゃんとの暮らしの始まりだった。
今回のリフォームのきっかけは、子どもが独立してご夫婦2人の暮らしになり、使いにくさも感じていた築40年の住まいを、これからも快適に暮らせる場所へ再生したいという思いが生まれたから。同時にハナちゃんが家の中で元気に遊べる空間づくりを希望し、広くなったLDに不思議な存在感を見せるフリースペースが誕生した。構造的に必要な柱と筋交いを確保しながら、格子の上部へハナちゃんが跳び上がるキャットウォークや室内干しも兼ねている。無駄なスペースを減らし、LDをできるだけ有効に使えるようにとのプランナーのアイデアだ。お孫さんの遊び場や将来のデスクスペースなど、多目的に使える余裕を残している。
「マエダハウジングさんは、評判を身内から聞き、何社か相談に行ったうちの1社。対応が早く、何よりも複数の提案から選ばせていただけることに感心しました」とご主人。「使いやすい家事動線になり、顔が見える対面キッチンも大満足です」と奥様。ご夫婦の楽しい時間とハナちゃんの遊びを両立しながら、自遊な暮らしを実感している。

リフォーム後

ダイニングキッチンとリビングが独立した間取りを一体にして広いLDKへ改装。耐震性を高める構造柱が境界となり、奥に多目的なフリースペースが誕生。 以前は壁付きだったキッチンを、シンプルなクロスに木フレームを回したアクセント壁で囲む対面型へ変更。定年後のご主人と奥様がキッチンに立つことも増えた。これもリフォームの効果と笑顔のK様 。
生まれ変わったLDKで、ハナちゃんとくつろぐご主人。猫と家の中で過ごせるようにしたのもリフォームのポイント。テレビ台は造作、床は無垢のミモザを採用。 構造の補強で生まれた空間に意味を持たせたいとプランナーが提案。格子の天井はキャットウォークや洗濯物を干す場所にも活用。お孫さんが来たときの遊び場、机を置けばミニ書斎など、多目的に活躍。
格子から下がるデザイン照明も落ち着いた空間の雰囲気にマッチ。明かりの美しい影もご主人のお気に入り。 空間はあえてつくり込まずシンプルな棚のみ。猫が格子へ跳び上がる機能も兼ねた設計。
フリースペースのユニークな格子天井は、ハナちゃん専用のキャットウォークにも。梁と格子の間を上手に渡りながら、ここで過ごす時間も多いとか。 フローリング床をフリースペース奥側の壁に採用。造作カウンターとの仕切り壁は塞がず、ドライフラワーが趣味の奥様に合わせたオブジェを担当がオーダー。
以前は壁付きで洗面場所にもなっていたキッチンは、水回りへの家事動線と直結、広いLDとも向き合う対面式へ変更。ご夫婦で料理を楽しむ機会も多いそう。 ダウンライトと吊り下げ照明を組み合わせ、落ち着いた雰囲気の明かりでキッチン空間を演出。手元に合わせて照明をスライドさせられるよう配慮した。
仏間・床の間がある和室を残して、続き間の和室をご夫婦の寝室に改装。和室の間仕切り部分にあった欄間には透明のアクリル板を張り、隙間風が入らないよう寒さ対策も。 勝手口から家の中へ入っていた習慣をそのままに、以前の洗面室を新しいプライベート玄関として再生。
リフォームした家族用の玄関には、鏡とカギを引っ掛ける場所を確保。既存の玄関は来客用に使用。 トイレの位置は変更せず、デザインクロスで印象を一新。手すりを設置して将来に備えた。設備は新たに入れ替え、既存便器は実家へ移設・再利用。

リフォーム概要

リフォーム費用 約1,600万円
種類 戸建て
築年数 約40年
施工面積

106㎡(32坪)

施工箇所 1階ほぼ全面、2階サッシ
工事期間 3.5カ月
家族構成 夫婦
施工 マエダハウジング東広島店
お客様

リフォームを終えて

床や浴室の劣化が気になり、何とかしたいと思いながら、仕事の忙しさで手つかずの日々。私の定年をタイミングに、マエダハウジングさんへ相談。夫婦と猫の暮らしを考えた提案で、納得の住まいへリフォームできました。限られた予算で、可能・不可能なことを伝えてもらい、悩みだった冬の寒さ対策と耐震補強もでき満足。これからも「何かあればマエダさん」という関係です。

リフォームをお考えの方必見の人気資料のご案内