広島市 H様の声

子どもを見守りつつ家事がはかどる間取りと動線に満足
今回訪問した人広島市 H様


東広島市の賃貸アパートで暮らしていたHさん一家は、2人目のお子さんの出産を前に、奥様の実家がある南区に築33年の戸建を購入。間仕切りが多い昔ながらの間取りを一新し、明るく開放感のある20畳以上のLDKを実現。回遊性のあるキッチンにしてスムーズな動線も確保した。カウンターのベンチとしても使える小上がりは内部に収納スペースがあり、ソファーやキャビネットなどを兼ねた優れもの。床にはスギの無垢材をあしらい、壁の漆喰は親族総勢11名で塗ってコストダウンを図った。
入居から約1年が経過し、2人のお子さまの子育てに追われる奥様だが、実家が近いため、下の娘さんを実家のご両親に預けて息子さんと外遊びするといったことが容易になり、子供一人ひとりをしっかり構ってあげられるのは奥様にとって喜ばしいこと。「両親の顔が頻繁に見られるのも安心できますね」と奥様。広いLDKでアイランドキッチンの周りを息子さんはぐるぐる走り回り、娘さんは楽しそうに伝い歩きをっするなど、お子さんたちはのびのびと成長中。広いLDKには視界を遮るものがないため、奥様にとって家事をしながら子どもたちを見守っていられるのは嬉しいようだ。キッチンの隣に洗濯機があり、ベランダに洗濯物を干すのも子供たちから目を離さずにでき、「子育てをする人にとってはとても便利な間取りです」と動線のスムーズさと絶妙な間取りに大満足のよう。小上がりの畳スペースは、小さい娘さんが上がれず、息子さんが遊ぶおもちゃを取ったりできないため、息子さんの絶好の遊び場になっている。そして、こだわりの無垢材の床は、フローリング独特の冷たさがなく温もりを実感。親族で塗った漆喰壁は、塗り方にそれぞれ個性があり、今も思い出話に花が咲くという。
「新築よりも費用を抑えつつ、好きな間取りと動線が叶えられて、中古+リノベの選択は正解でしたね」と振り返る奥様。「担当の住谷さんにはたくさんわがままを聞いてもらい、コーディネーターの尾津さんのセンスの良さも脱帽モノでした」と工事中の思い出を聞かせてくれた。

リフォーム後の様子

家事動線がスムーズで子どもたちも楽しく選べるLDK。耐震のため取り除けない壁も、間に棚を設けて収納空間に 洗面台は造作、ニッチは扉付きなど生活感が出ないよう工夫
小上がりの畳スペースは、収納、カウンターのベンチ、そして息子さんの遊び場と、多彩な用途で大活躍 換気扇がないトイレも、漆喰壁のおかげかニオイが残らないという

お客様の声一覧はこちら