広島市 Y様

自分たちの暮らしに合わせて模様替えを楽しんでいます。
今回訪問した人広島市 Y様


中学生のお子さん2人は部活(テニス)に励む毎日。ご夫婦の休日の過ごし方は、お子さんの試合があるときには応援に駆け付けたり、お2人でショッピングを楽しむことも

 4年前に中古マンションを購入してリノベーションを行ったY様。以前は郊外の戸建てに暮らしていたが、冬が寒いことや部屋数が多いこと、外からの視線が気になることなどからマンションリノベーションを選択。
 「マンションは温かいです。あと、オートロックで基本的にはマンションの住民の方以外、共有部分の廊下を通らないのでプライバシーも以前より守られている気がして安心です」と奥様。また、以前の住まいはキッチンが壁に向かって備え付けてあり、料理中に孤立感があったという。リノベーションでLDK一体の間取りとし、対面式キッチンを採用したことで、料理中もダイニングやリビングにいる家族の様子がうかがえるようになったと言う。
 そのほかにも、収納スペースの確保にこだわりウォークインクロゼットを新設。「ものがリビングなどにあふれて生活感を出したくなかったので、収納を増やして正解でした」とご主人。
 Y様邸は、さまざまなタイプのクロスやフロアタイル、家具やインテリアなどがうまくコーディネートされ、LDKの天井は既存のコンクリートや梁をそのまま見せたりと、ご夫婦のセンスを感じさせる空間が広がっている。だが、意外にも"おしゃれ"に見せるよりも"効率"を重視する方だという奥様。「模様替えが好きで、それも常により良い環境をどうつくるかと言うことを考えてやっています」。その奥様のアイデアをカタチにするのはもっぱらご主人の担当。ウォークインクロゼットのポールの位置を変えたりと、拝見させてもらうとプロ並みの仕事ぶりだが「やってと言われたときには正直、めんどくさいと思いますが(笑)、やるのならちゃんとやりたいんです」とご主人。
 さすが、ご夫婦ならではのコンビネーションでY様邸はこれからもますます、家族に合った空間へと進化していくだろう。


リフォーム後の様子

スペースを広く取ったので、家族で使っても混み合わない インテリア選びにセンスが光る、ご主人お気に入りのトイレ
おしゃれなインテリアに交じって、お子さんの絵やカープグッズなどが飾られており、ご家族の暮らしがうかがえる 家具のほとんどがインターネットで購入したもの。別テイストのものがうまくコーディネートされている

Y様のリノベーション事例はこちら

お客様の声一覧はこちら