プレスリリース一覧

2024/01/19 モデルハウス「阿品の家」がオープンします

2月中旬にモデルハウス「阿品の家」がグランドオープンします。築43年の戸建て住宅が、約4カ月のリノベーションを終えて完成。断熱・耐震にこだわりながら、プロが考えたデザインや間取りが魅力です。無人見学会も随時開催予定です。

2024/01/15 マエダハウジンググループの「情報セキュリティ基本方針」

security_action_futatsuboshi-large_color.png

株式会社マエダハウジング(以下、マエダハウジンググループ)は、お客様からお預かりした情報資産、また当社の情報資産について、事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、以下の方針に基づき全社で情報セキュリティに取り組みます。



1.経営者の責任

マエダハウジンググループは、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。



2.社内体制の整備

マエダハウジンググループは、情報セキュリティの維持及び改善のために組織を設置し、情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。



3.従業員の取組み

マエダハウジンググループの従業員は、情報セキュリティのために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。



4.法令及び契約上の要求事項の遵守

マエダハウジンググループは、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お客様の期待に応えます。



5.違反及び事故への対応

マエダハウジンググループは、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。


制定日:2024年1月15日
マエダハウジンググループ
代表 前田 政登己

2024/01/09 東区スポーツセンターの清掃を行いました

「ビックウェーブ」の命名権を持つ広島信用金庫さんと「東区スポーツセンター」の命名権を持つ弊社との合同で、4年ぶりに施設周辺の清掃を行いました。地域の方に気持ちよくご利用頂くため、年に一度実施しています。

2024/01/05 10年連続総合リフォーム売上No,1を取得しました

お陰ざまで、リフォーム産業新聞の広島県リフォーム総合売上10年連続No,1をいただきました。広島県内に6店舗を展開し「地域密着ワンストップサービス業」を掲げる弊社では「売上=お客様の満足度」と定義しています。毎年少しでも奥のお客様とのご縁が広上がるように、これからも頑張って参ります。

2023/12/22 マエダハウジングの「DXの取り組みについて」


代表メッセージ

マエダハウジングの経営理念は「住宅事業を通しお客様の満足、社員の幸福、地域への貢献を同時に実現する」です。お客様の満足、従業員とその家族の幸せ、取引先の繁栄、地域の貢献を考えたときにもはやDXは不可欠です。この度デジタルによって人々の生活をより良くするためのDX戦略を策定しました。

ビジョンである「しあわせな暮らしと笑顔あふれる広島をつくる」の実現のためにも現場DX・営業DX・マネジメントDXなど実現し、生産性を向上し働きやすくて働きがいのある企業を目指します。

202312月22日
代表取締役 前田 政登己





マエダハウジング 前田政登己

DX戦略策定の目的

■現状認識

働き方の改革が求められ、デジタル化を加速しているこの時代。顧客や市場に関する膨大なデータを持つ企業がそのデータを活用し既存産業に新たな付加価値をもたらし、市場全体を席巻している。今後、業界ごとのデジタル化ニーズを理解することが不可欠となることが想定される


■DX戦略の目的

本戦略はこのような「変化」に対応すべく、わが社がデジタルツールをどのような位置づけで、どのように活用していくか。また、既存の仕事のやり方・働き方・組織体制をどのように変革させていくか。さらに、既存の仕事のやり方・働き方・組織体制を改善することでいかに業務効率化できるかを長期的な点で定め、変化の時代において我社がどう生き残っていくかを「DX戦略」として示すものである。


DXにおける基本的な方針

■業務システムの全体最適化

業務システムの全体最適化を行うことで、従業員の役割を明確化、業務の「無駄」をなくす。また、組織間の連携を強めることで、ミスの減少+情報を有効活用させる。最終的に、各組織でパフォーマンスを高め、生産性の向上に繋げることを目的とする。資料・データ化クラウド化し、検索を簡略化する。

現在の弊社におけるシステム体系図

nowsystem.pngdxlogo.png

■データドリブン活用によるリアルタイム経営

・各案件にKPIを設定し、リアルタイムに必要な情報が必要な人に共有化・見える化を図る。

・kintoneよるデータウェアハウスを構築し、活用可能なデータを自動連携・反復同期させる。

・kintoneとGoogleスプレッドシートを連携し、情報を統一して管理する。

・蓄積したデータを利用し傾向の把握・RPAにする自動化より、チェック作業の簡略化を図る。

・各部門にkintoneリーダーを配置し、部門ごとに指標の策定、データの構築を行う。



■DX担当の人材育成

デジタル技術を有し自ら業務改善を行うことができる人材を社内で創出するため、反復的な社内教育を実施する。

dxpage03.jpg

■組織体制の変革

DXプロジェクトを進めるにあたり、社長直轄のDX推進チームを設置。事業部門間のデジタル環境のデジタルボックス化を防ぐとともに、本プロジェクトの迅速な進捗をはかる。


下記がDX業務に対する体制図である。

image_2023_12_22s.png

セキュリティー対応

情報セキュリティールールの策定と、内外環境に応じたルールの見直しを実施。グループ全体で情報セキュリティの対策状況を定期的にチェックし、随時状況に応じた対策を行う。

プロセス1~プロセス3に分類し、段階的に実現を目指す。

業務システムの全体の最適化

・オンプレミス環境とクラウド環境のシステムが半分程度存在している。

・関l協変化に柔軟に対応できる仕組みがない。

DX担当の人材育成

・部署や拠点によって、バラバラにITスキルを習得している。

・人材育成の環境構築、および整備できていない。

組織体制の変革

DX推進チームを発足したが、既存の価値観が打破できていない。

・それぞれが担う役割の把握が必要。

セキュリティ対応

・ペーパーレスに対応できておらず、紙ベースの保管が軸となっている。

・セキュリティへの認識が全社的に低い。

プロセス21-3年~

業務システムの全体最適化

kintoneを中心に業務システムを構築、業務工程をマニュアル化し、クラウド化への移行を全社的に取り組む。

DX担当の人材育成

OJTを用いた教育プログラムを構築する。

・社内認定資格制度を整備しスキル状況の可視化を図る。

組織体制の変革

DX推進チームを中心に、ビジョンと戦略を会社に根付かせる。

・現場との連携を軸にDX推進チームを拡張する。

セキュリティ対応

・情報セキュリティ基本方針に関する社内セミナーを定期開催。

・全社完全ペーパー化推進。

プロセス~4-6年後~

業務システムの全体最適化

kintone上にデータを集約し、情報の停滞を防ぐ。

・アジリティを確保したシステムを構築し、柔軟に対応できる仕組みを確立。

DX担当の人材育成

・プロジェクト管理能力、IT問題解決能力を持つ人材が他者への知識提供という形で新たな市場価値を見出す。

組織体制の変革

・部署を超えた人事異動も視野に、各現場のDXの経験や知見を広め、事前にリスクヘッジできる体制を整える。

セキュリティ対応

・エンドポイントの可視化、制御、防御機能をセキュリティシステムと統合する。


DX推進プロジェクト達成状況を測る指標

以下の指標によりDX推進プロジェクトの達成度を管理する。

kintone等、現在利用しているサービスまたは資産を有効活用し、経費削減を目指すと同時に、ペーパーレス等の観点から環境負荷を軽減する。

・業務の自動化により、社員の残業時間+休日出勤数を法定の範囲内に収める。時間外勤務を全社平均で今後3年間目標で現状より20%の削減をする。

IT人材を確保する。DX推進チームを3年で5名以上の体制とする。研修体制も整備し、全社的に質の向上も行う。

2023/12/20 広島県グリーンボンドに投資しました。

マエダハウジングは、前回に引き続き広島県「グリーンボンド」に投資させていただきました。

「グリーンボンド」とは、環境分野に使い道を限った資金調達です。広島県は調達資金で県の環境保全活動を支援する予定です。

広島県グリーンボンド発行についてhttps://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kennseitakarakuzi/greenbond.html

2023/12/17 第10回マエダハウジングカップ野球大会が終演しました

9月24日~12月17日の期間で、小学生を対象とする「第10回マエダハウジングカップ野球大会」を開催しました。過去最多の62チームに参加いただき、総勢1.000名以上の選手が4日間に分けて白熱の戦いを広げました。決勝戦は念願のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて開催しました。

優勝は、原クラブに決定。2位は、スポーツ少年団三入クラブに。3位は、廿日市ジュニアと広ワールドジュニアスポーツ少年団に決定しました。

2023/11/16 マドリモシャッター部門で西日本1位を受賞しました

YKKAP様主催の「西日本リフォームプレイヤーチャンピオンシップ2022」マドリモシャッター部門において、西日本全域で第1位を頂きました。補助金政策の効果もあり、沢山の方とご縁を頂くことが出来ありました。来年度の補助金政策でもお客様の暮らしに合わせた提案を続けてまいります。

2023/10/23 海田高校でSDGs講演会に参加しました

海田高校の在学生に向けたSDGs講演会に、弊社代表の前田が講師として出席しました。

「持続可能な開発目標」の為にどんな取り組みを行っているか。などをお話しり、学生の皆さんは、とても関心を持って聞いてくださったこと。またマエダハウジングが広島を、いい笑顔にするためにどんな事を心がけているのか。と言った話をさせて頂きました

2023/05/13 2023年度 住宅博を開催しました。

5月13,14日で住宅博を開催しました。今年で11回目となるこちらのイベントでは、一度に沢山の住宅設備を見て体感しながら、住まいに関する相談をすることが可能となっており、毎年多くのご縁をいただいております。参加していただいた方には、実際に見てメーカー様と直接お話が出来るからこそ自分の生活スタイルに合った設備商品を選ぶことが出来た。と喜んで頂くことが出来ました