プレスリリース一覧

2021/10/1 会社設立の地で、地域への恩返し

2021 年 10 月より「マエダハウジング府中町ふれあい福祉センター」へ
会社設立の地で、地域への恩返し
今回で3度目の命名権取得


広島で地域密着のリフォーム会社として創業28年の株式会社マエダハウジング(広島市中区)は、2021年10月1日より5年間、府中町ふれあい福祉センター(府中町浜田本町5-25)の命名権を取得し、「マエダハウジング 府中町ふれあい福祉センター」となることが決まりました。


弊社は1995年の法人設立から2019年まで安芸郡府中町に本社を構えており、今も府中店として営業。現在、府中町内の顧客は2,000件を超すまでとなっています。中でも「府中町ふれあい福祉センター」はよく利用していた場所。今回の募集を知り、少しでも地域の役に立てればとの想いから今回の命名権取得につながりました。


2000年の「介護保険法」施行を受けて、マエダハウジングでは住宅改修を数多く手がけてまいりました。特に、小工事専門事業部「サポーターズ」は、「手すりの取り付け」「段差解消」「洋式トイレへの取替」などを中心としたバリアフリーリフォームを行っており、ケアマネージャーさんへの相談の折には府中町社会福祉協議会があるふれあい福祉センターに通っていました。


府中町はこの 35 年間で65 歳以上が6.0%から 23.1%に増えており高齢化が急激に進行しています。全国的に見ても家庭内事故死が交通事故死の5倍いると言われている昨今、高齢者の事故は後を絶ちません。マエダハウジングでは今後も少しでも安心安全な住まいを増やして参ります。


なお、マエダハウジングの命名権取得は「マエダハウジング東区スポーツセンター」「マエダハウジング安佐南区民文化センター・安佐南図書館」に続き3施設目となります。



■正式名称:府中町ふれあい福祉センター
■愛 称:マエダハウジング府中町ふれあい福祉センター
■所 在 地:安芸郡府中町浜田本町5-25
■指定期間:2021年10月1日~2026年9月30日(5年間)




<株式会社マエダハウジング会社概要>
リフォームで創業して28年。26,000件以上の実績で、8年連続広島県総合リフォーム売上ナンバー1<2021年9月リフォーム産業新聞調べ>。2016年には「空き家再活用事業」で「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「地域未来けん引企業」の表彰を受賞。2018年には「広島県働き方改革認定企業」「健康経営優良法人」にも認定され、ワーク・ライフ・バランスと業績向上の実現を目指す。2021年には広島県で初めてGPTW「働きがいのある会社」に認定。「顧客満足・社員の幸福・地域への貢献」を経営理念に掲げ、「広島一ありがとうと良かったが集まる感動コミュニティ企業になる」「地域で輝く100年企業になる」というビジョンの元、地域に長く愛される会社を目指す。

<プレスリリース・取材に関するお問い合わせ>
㈱マエダハウジング 広報担当:朝枝 恭子
広島市中区八丁堀 10-14-3F TEL082-511-7552 asaeda@maedahousng.co.jp



2021/09/15 広島初! ロボット導入で、現場監督の業務効率が 120%に

建設現場用「LOGKUN(ログクン)」で働き方改革
広島初! ロボット導入で、現場監督の業務効率が 120%に
工事中の現場管理・職人とのやり取り・在庫確認など


現場監督の仕事は、建築現場のスケジュールや資材の管理、工事の進捗確認などですが、複数の現場を受け持つため、勤務時間の43%に当たる3.5時間が移動にかかっているとの統計結果が出ています。マエダハウジングでも1人の現場監督が1日に3.4現場を回るため、移動に多くの時間を費やし、残業が増えるなどの課題に直面していました。 そこで、働き方改革を目的として2020年12月に「LogKun」導入を決定。その後、メーカーでの勉強会を経て、2021年4月に3機のロボットが到着し、リフォーム現場への設置となりました。しかし、資材があちこちに置かれ、段差のある現場ではロボットの移動が難しい上に、操作が不慣れで職人さんの手を煩わせるなどの問題に直面し、「業務効率化」とはいきませんでした。それでも、現場の配線や資材を壁に取り付けるなどの工夫し、社内勉強会を開くなどして積極的に活用した結果、少しずつ効率UPの兆しが見えてきました。またロボット導入により、現場美化が進み、安全で効率的な工事現場づくりにも一役かっています。


ロボットといえば、2014年にソフトバンクが発売し一躍有名となった「ペッパーくん」をはじめ、コロナ禍で導入された飲食店の配膳ロボット、GUでは開店中にお掃除するロボットが活躍するなど、さまざまな現場で見かけるようになっています。近未来の生活の第一歩として、活躍する現場監督ロボットを貴媒体でお取り扱いいただけると幸いです。




<株式会社マエダハウジング会社概要>
リフォームで創業して28年。26,000件以上の実績で、7年連続広島県総合リフォーム売上ナンバー1<2020年11月リフォーム産業新聞調べ>。2016年には「空き家再活用事業」で「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「地域未来けん引企業」の表彰を受賞。2018年には「広島県働き方改革認定企業」「健康経営優良法人」にも認定され、ワーク・ライフ・バランスと業績向上の実現を目指す。2021年には広島県で初めてGPTW「働きがいのある会社」に認定。「広島一ありがとうと良かったが集まる感動コミュニティ企業になる」「地域で輝く100年企業になる」というビジョンの元、創業の想いである「人の喜びが自分の喜びである」を実現すべく地域に長く愛される会社を目指す。

<プレスリリース・取材に関するお問い合わせ>
㈱マエダハウジング 広報担当:朝枝 恭子
広島市中区八丁堀 10-14-3F TEL082-511-7552 asaeda@maedahousng.co.jp



2021/09/13 「サステナブルな暮らし」を選ぶ若いファミリーたちの事例

9月13日『広島リノスタイル Vol.10』出版
「サステナブルな暮らし」を選ぶ若いファミリーたちの事例
中古リノベーションで、SDGs に貢献


広島で地域密着のリフォーム会社として創業28年の株式会社マエダハウジング(広島市中区)は、9月13日に自社のリノベーション事例をまとめた『広島リノスタイルVol.10(発行元:株式会社ザメディアジョン・定価525円)』を出版いたします。『広島リノスタイル』は広島で中古の戸建てやマンションを購入してリノベーションした事例を紹介し、年1回ずつの出版で10年目を迎えました。


「フローからストックへ」との国の政策の下、2012年以降、日本では中古住宅が徐々に見直しされてきました。特にこの2、3年は世界的な取り組みである「SDGs」にも注目が集まり、循環型(サステナブル)な暮らしを選ぶ人たちの姿も見えてきました。2021年3月には「新たな住生活基本計画」が閣議決定され、空き家活用の推進や子どもを産み育てやすい住まいの実現などの目標が掲げられています。 古い建物や空き家になった建物を取り壊して建て変えるのではなく、次の世代が住みやすく直して住み継ぐ「中古リノベーション」は、不要なゴミを出すことなく、資源を無駄遣いしない、環境に配慮した住まい方の形と言えます。住宅寿命約30年と言われてきた日本の家も、躯体から見直し、安全性を確保した上で現代の暮らしに合わせて間取りや設備を変えることで、子、孫の世代まで住み継いでいくことができます。リノベーションによって、まるで新築かのように真新しく変えることも不可能ではありません。しかし、『広島リノスタイル』に掲載したお宅の中には、古着を選ぶように、古いものを活かして馴染ませた事例が多数登場します。古いものの価値が新たに見直され始めています。


SDGsの観点からも、ぜひ貴媒体にてこのリノベーション事例を取り上げていただき、広島の皆さまに中古を住み継ぐという価値を知っていただければと存じます。



<株式会社マエダハウジング会社概要>
リフォームで創業して28年。26,000件以上の実績で、7年連続広島県総合リフォーム売上ナンバー1<2020年11月リフォーム産業新聞調べ>。2016年には「空き家再活用事業」で「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「地域未来けん引企業」の表彰を受賞。2018年には「広島県働き方改革認定企業」「健康経営優良法人」にも認定され、ワーク・ライフ・バランスと業績向上の実現を目指す。
2019年からは広島県のSDGs推進事業に参加するなど、SDGsにも積極的に取り組んでいる。
2021年には広島県で初めてGPTW「働きがいのある会社」に認定された。

<プレスリリース・取材に関するお問い合わせ>
㈱マエダハウジング 広報担当:朝枝 恭子
広島市中区八丁堀 10-14-3F TEL082-511-7552 asaeda@maedahousng.co.jp



2021/04 広島県初!! (株)マエダハウジングが「働きがいのある会社」認定

働き方改革、「働きやすさ」から「働きがい」へ
2021年4月 広島県初!! (株)マエダハウジングが「働きがいのある会社」認定
GPTW 働きがいのある会社研究所が認定


地域密着ワンストップ住宅事業として広島で29年目の(株)マエダハウジング(代表取締役/前田政登己)は、2021年4月、GPTW(Grate Place to Work)働きがいのある会社研究所の「働きがいのある会社」に広島県で初めて認定されました。


GPTWは、働きがいに関する調査・分析を行い一定の水準に達している会社や組織の認定やランキングを行いメディアで発表する活動を世界60か国で実施している専門機関です。


認定は、「会社へのアンケート」と全従業員へ向けての「働く人へのアンケート」によって調査されます。「会社へのアンケート」は、会社概要、基本的な人事データに関する設問と企業文化や会社方針、人材に関する施策・制度に関する設問。「働く人へのアンケート」は、「ほとんど常に当てはまらない」から「ほとんど当てはまる」の5段階評価で回答する60問と、自由記述式設問2問、属性・認識を問う設問8問で行われます。 働く人へのアンケートとしての一例としては以下のようなものがあります。

「経営・管理者層の期待していることが明確になっている」
「私は、この会社において専門性を高めるための研修や能力開発の機会が与えられていると思う」
「この会社の労働環境は、安全で衛生的である」
「私は、この会社で働いていることを、胸を張って人に言える」
「この会社の人たちは、お互いに思いやりをもっている」ほか


(株)マエダハウジングは、今期の経営方針の「人財育成と経営理念の浸透」の中に「働きやすさから働きがいへ」を掲げています。3年前、広島県が推進する「働き方改革」を実施し、「時間外労働の削減」「有給取得率の向上」を目指してきました。そして、時間外労働を2016年度29.7h/月から2019年度13.9h/月に削減、有給取得率は2016年度17.4%から2019年度69.35%と一定の成果を出すことができ、広島県商工会議所連合会から「働き方改革実践企業」に認定されました。しかし、働き方改革が認知されるにつれて「働きやすさ」だけではなく「働きがい」が重要であることが分かってきました。そこでこの度、働きがい向上にチャレンジすべくGPTWへの参加を決めました。(株)マエダハウジングは今年を「働きがい元年」として、「働きがいのある会社」認定をスタートに、さまざまなチャレンジをしていきたいと考えています。



<株式会社マエダハウジング会社概要>
リフォームで創業して28年。26,000件以上の実績で、7年連続広島県総合リフォーム売上ナンバー1<2020年11月リフォーム産業新聞調べ>。2016年には「空き家再活用事業」で「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「地域未来けん引企業」の表彰を受賞。2018年には「広島県働き方改革認定企業」「健康経営優良法人」にも認定され、ワーク・ライフ・バランスと業績向上の実現を目指す。

――働きがい向上に該当する社内の取り組み一例
●キャリアコンサルタント有資格社員によるキャリア面談
●半期に1度の社内評価制度
●外部研修への参加推奨
●業務に関係する資格取得費用の補助
●社内理念勉強会

<プレスリリース・取材に関するお問い合わせ>
㈱マエダハウジング 代表取締役:前田 政登己
広島市中区八丁堀 10-14-3F TEL082-511-7552(窓口:朝枝)



2021/03/12 山根対巌堂リニューアルオープン

マエダハウジングは、この度、宮島御砂焼の窯元として宮島口で大正元年から三代続く山根対厳堂(やまねたいげんどう)のリノベーションを行いました。山根対厳堂は、工房兼ギャラリーとして2021年3月21日にリニューアルオープンします。

厳堂の建物は築108年。以前は工房兼居宅でしたが、近年は工房と事務所、在庫置き場として使用されていました。三代目は「古いものをできるだけ残したい」との思いが強く、不動産で縁のあったマエダハウジングに相談。既存の建物をできるだけ生かし、欄間や建具、書院、床の間の違い棚なども再利用して歴史を伝える建物へ生まれ変わりました。オープン後は、宮島の観光スポットとしてだけでなく、国内外の皆さまが日本文化を感じていただけるスペースになると思われます。                             
         

世界的に2030年までにSDGs(持続可能な開発目標)の実現を目標に掲げて活動していますが、今ある建物をリノベーションで住み継ぐことはSDGsの実現にもつながり、世界遺産である宮島をめぐる地域でそれが実践されていることを伝えることは大きな価値があります。今回の山根対厳堂のリノベーションについて、貴媒体で取り上げていただき、地域にSDGsの精神を広げ、古い建物を見直す機会になればと考えます。

マエダハウジングは、この度、宮島御砂焼の窯元として宮島口で大正元年から三代続く山根対厳堂(やまねたいげんどう)のリノベーションを行いました。山根対厳堂は、工房兼ギャラリーとして2021年3月21日にリニューアルオープンします。

厳堂の建物は築108年。以前は工房兼居宅でしたが、近年は工房と事務所、在庫置き場として使用されていました。三代目は「古いものをできるだけ残したい」との思いが強く、不動産で縁のあったマエダハウジングに相談。既存の建物をできるだけ生かし、欄間や建具、書院、床の間の違い棚なども再利用して歴史を伝える建物へ生まれ変わりました。オープン後は、宮島の観光スポットとしてだけでなく、国内外の皆さまが日本文化を感じていただけるスペースになると思われます。
                         

世界的に2030年までにSDGs(持続可能な開発目標)の実現を目標に掲げて活動していますが、今ある建物をリノベーションで住み継ぐことはSDGsの実現にもつながり、世界遺産である宮島をめぐる地域でそれが実践されていることを伝えることは大きな価値があります。今回の山根対厳堂のリノベーションについて、貴媒体で取り上げていただき、地域にSDGsの精神を広げ、古い建物を見直す機会になればと考えます。


■リノベーションのポイント

4つのゾーン分け

ギャラリーA:比較的お求めやすい日常使いの商品や雑貨、小物の展示

ギャラリーB:ギャラリーの玄関としてA・C・Dのギャラリーを融合したスペース

ギャラリーC:初代と二代目の作品を展示した、吹き抜けのある和テーストのスペース

ギャラリーD:三代目の作品を展示。土・自然をテーマに洞窟をイメージした


②既存建物の再利用

天井の梁をそのまま見せる設計

各所のドアのほとんどに既存の建具を利用

梁の一部をニッチの天板にコンバージョン使用

床の間や違い棚をインテリアとして利用


オリジナルのインテリア

三代目の作品である「灯(ともしび)」を照明として利用

ガス管を照明器具にリメイク


2階は事務所と商談スペース



■リノベーションのDATA

[施工面積]154㎡(46.6坪)

[施工箇所]外壁・屋根、工房・倉庫を除く内装、一部増築

[築年数]約108年



■宮島御砂焼 窯元 山根対厳堂

広島県廿日市市宮島口1丁目3-39

TEL 0829-56-0027

11:00~17:30

不定休