900万円台でリフォームをしたい!できることや注意すべき点とは?

900万円台でリフォームをしたい!できることや注意すべき点とは?
リフォームやリノベーションをしたいと思ったとき、限られた予算の中でどんな工事ができるのか、希望のリフォームは実現可能かなど、気になることも多いはず。 今回は、予算900万円でどこまでのリフォームができるのかご紹介します。900万円台なら、ある程度大規模な工事ができる可能性も。理想のマイホームを手に入れるために、リフォームを検討している方は、参考にしてみてくださいね。

900万円台のリフォームでは何ができる?


900万円台の予算がある場合、マンションだとスケルトンリフォームを実施できるので、水回りから間取り変更まで大規模な改修を行えます。一方、一戸建てはマンションよりも施工面積が広くなるため、900万円台の予算はフルリフォームがギリギリ可能な金額と言えるでしょう。

他にも、900万円台の予算があれば、中古で物件を購入し理想の住まいへリノベーションしたり、増改築して二世帯住宅へリフォームしたり、古民家を再生するためにリフォームしたりといったことも行うことができます。

また、リフォームを考えるときには、光熱費を抑えることができ、環境にもやさしい省エネリフォームを取り入れるのもおすすめです。一戸建ての場合、断熱性の高い窓ガラスを採用したり、外壁を断熱効果のあるものに変更したり、床に断熱材を貼ったりと、省エネリフォームを含むフルリフォームをすることも可能。マエダハウジングでは、これまで多くの省エネリフォームの実績がありますので、相談に乗ることもできますよ。

次からは900万円台の予算で実際にできるリフォーム例を挙げつつ、どこまでできるのか考えていきましょう。


省エネリフォームを含むフルリフォーム

フルリフォームは、基礎の部分と柱は既存のものを使用し、部分的に修繕や改修を行うこと。間取りや設備交換には多少の制約が出るものの、水回りから間取り変更まで大規模な修繕を行うことができます。

見積もりを依頼した場合、施工内容や建物の状態、坪単価にもよりますが、一戸建てをフルリフォームする場合、900万円が最低ラインとなるケースが多いです。マンションの場合は、900万円あれば内装をすべて解体するスケルトンリフォームもできるでしょう。
スケルトンリフォームは大規模な工事が必要なので、まとまった費用が必要ですが、その分水回りを一新すれば水漏れなどの心配はなくなり、新築同然の住まいを実現可能です。

フルリフォームの際には、天井や壁、窓、床などに断熱性の高い建材を使用する省エネリフォームを同時に行うのがおすすめ。なぜなら、これらの工事は枠組みだけにしなければできないため、単体でやろうとすると大変だからです。
省エネ対策をリフォームに組み込むことで、快適な住まいを手に入れられるだけでなく、環境も考えたマイホームを作ることができますよ。


一戸建ての内外装+駐車場や庭のリフォーム

一戸建ての内外装のみのリフォームであれば、多くの場合900万円を下回る予算で行うことができます。建物を新しくするなら、同時に駐車場や庭のリフォームを行うのもおすすめです。
駐車場リフォームの費用は、庭を駐車場に作り替えて増設する場合、外観デザインを変更して駐車スペースを確保する場合、カーポートを設置する場合など、施工面積や内容によって変わってきます。同様に樹木・花壇など庭の整備も施工内容によって費用は変わってくるため、900万円台に収まるようなプランニングをすることが重要です。


増改築を含む二世帯住宅リフォーム


二世帯住宅のリフォームは、工事内容にもよりますが、水回りの増設や間取り変更など大掛かりな工事を必要とすることが多いです。部分共有型や完全分離型など、住宅の間取りによって費用は変わってきますが、900万円台では、既存の離れや倉庫を生活スペースとしてリノベーションしたり、水回りを設置して子世帯の生活空間を作ったりすることができます。

二世帯住宅において重要なのは、お互いストレスにならないような間取りを考えること。日々の生活が快適に送れるよう、お互いの生活に配慮した間取りの住宅が作れたら理想ですね。


古民家再生リフォーム


築数十年以上の歴史ある古民家の再生も、900万円台の予算があればリフォームすることができます。広島のマエダハウジングでも、今では誰も住んでいない実家や趣のある古民家を中古で購入した場合などの古民家再生の施工実績が多数あります。

柱や梁などを洗浄したり補強したりすれば、そのまま使用できることも多いので、古民家をリフォームで生まれ変わらせてみるのも素敵な使い道かもしれません。


900万円台でリフォームする際の注意点

900万円の予算があれば、ある程度の大掛かりな工事も可能ですが、築年数が経過している物件や解体箇所が多い場合、一戸建てのフルリフォームなどは、1,000万円以上予算が必要になってくる可能性があります。事前にリフォーム会社としっかり打ち合わせをして、どうしても譲れないところ、予算を削っても良いところなどはきちんと確認しておくことが重要です。


900万円で理想のリフォームを実現しよう

900万円の予算があれば、大掛かりなリフォームの実現が可能です。しかし、紹介したリフォーム方法はあくまで多くの事例の中のひとつ。それぞれのご家庭によって事情が違えば、同じ予算内でもできることやできないことが変わる場合も、もちろんあります。 広島で多くのリノベーション実績のあるマエダハウジングでは、お客様一人ひとりに合わせたリフォームプランを提案します。リフォームを検討している方は、是非ご相談くださいね。

理想の暮らしがきっと見つかる、
事例集・資料集をプレゼント

お電話でのお申し込み

PROFILE この記事の監修者

前田 政登己
代表取締役社長 
前田 政登己
自動車メーカーからリフォーム業界に入るも「何ていい加減な業界なんだろう」という思いから1995年にリフォーム専門でマエダハウジングを創業。30年間、3万件以上の夢の住まいづくりに携わり、現在(2023年1月時点)9年連続広島県総合リフォーム売上1位(リフォーム産業新聞調べ)となる。「リフォームで家族の明るい会話を増やしたい」という思いから、リフォーム専門紙「広島の安心安全リフォーム」「広島リノスタイル」を出版。また、「中古を買ってリノベーション!」「困った空き家を生きた資産に変える20の方法」「漫画 失敗しないリフォーム・リノベーション」などの書籍も発行。 「経済産業大臣表彰 先進的なリフォーム事業者表彰」「中国地域ニュービジネス大賞優秀賞」にも選ばれた。