No.533 広島市安佐南区 M様邸 戸建全面リフォーム事例

ずっと夢にみた メキシコをテーマにした家は 家事と育児の助っ人

トップ画像

 賃貸のテラスハウスで暮らしていたM様夫妻は、結婚してからずっとマイホームを夢みてきた。一時は新築の建売り物件を購入しようと考えていたが、その業者の営業スタイルが合わず断念。職場が近く、交通量の少ない団地という条件もあったので、もういい物件には巡り合えないのではないかとマイホーム熱は冷めてしまい「一生、賃貸生活か」と落ち込んでいた。そんな時、マエダハウジングを紹介するテレビ番組を見て「これだ」と思ったそう。元々、中古リフォームにも興味があったので即訪問。相談してから3ヵ月、築38年の中古住宅が見つかり、そのままリフォームを依頼した。
 プランを練るにあたって重視したのは、収納。家具は必要最低限にしたかったので各個室にはもちろん、共有スペースにも造作棚を多数設けるなど徹底した。また、奥さまは写真や小物を飾るのが好きなので理にかなっている。
 もう一つのこだわりは「もし家を持つなら、メキシコっぽくしたい」と、ずっと思い描いていた奥さまの願望を叶えること。ラテンヒップホップが好きなご主人とも趣味が一致していたことから、各部屋のアクセントクロスにはカラフルなものを取り入れた。

リフォーム前

キッチン リビング
洗面 PCコーナー
トイレ 浴室
エントランス


スケルトンの状態にして構造を調査し、劣化の箇所を補強。LDKを広くするため、階段を移動して壁を撤去。家中の至る所に収納を設け、空間を無駄にすることなく利用。庭の面積を減らし、駐車スペースを拡大。経年劣化の激しい断熱材と水回りは全て一新した。

リフォーム後

キッチンを中心にお子さまたちはグルグル走り回っているのだとか。持ち込みの食器棚が納まるよう造作カウンターを設置 もう1つの和室はプレイルームとして活用。床の間と仏間のスペースは吊り戸棚を造り、雛人形や兜が飾れるようにした
PCコーナーを新設。造作家具にしたことによってリビング空間に統一感が生まれ、すっきりとした印象に 階段下収納だった箇所。壁を取り除き、造作棚を設けて見せる収納に変身。お子さまが自ら絵本を片付けられるよう工夫
育児を1階で完結させるため、1つの和室を洋間の主寝室に間取り変更。夫妻が歳を重ねても困らない。アクセントクロスは紫に 和室を洋室に変更した2階の個室。将来は子ども部屋として活用。窓枠はそのまま利用し、コストを抑えた
階段の移設に伴い、収納スペースを移動した2階の洋室。造作デスクを設け、ご主人の書斎として使う予定 洗面には奥さまが「貼りたかった」というメキシカンなタイル。サボテンと配色がこだわり
洗面台と棚を造作した洗面所。ちょうどいいサイズのカゴを使ってタオルや化粧品を収納 階段があった箇所は増床し、収納を設けた。少しの空間も無駄にはしない徹底ぶり
お子さまたちとお風呂に入ってもゆったり。バスタイムを楽しんでいるそう ニッチに物を置けるようにしたトイレは掃除がしやすい。トイレの向きを90度変えた
新設した2階のトイレ。1階同様、鮮やかなアクセントクロスは遊び心溢れるセレクトだ 両トイレに付けたアイアンの照明。壁に映し出す影が模様のようで面白い
新たに造ったアプローチ。駐車スペースを確保するため大規模な外構工事が行われた 元々あった靴箱は撤去し、大容量のシューズクローゼットを設置。遊び道具やアウターも収納
赤のクロスが一際目を引く玄関。出かける時も、帰った時も元気を与えてくれるよう カーポート部分しか駐車場がなかったので、自動車2台とバイクが停められるよう広げた。外壁は黒く塗装

リフォーム概要

リフォーム費用 約1600万円
種類 戸建て
築年数 約38年
施工面積 125㎡(37.81坪)
施工箇所 全面
工事期間 5ヵ月
家族構成 夫婦+子ども2人
施工 マエダハウジング安佐南店

リフォームを終えて

ついに夢を実現することができました。賃貸住まいの時とは比べ物にならないほど、子どもたちは家の中でも外でものびのび遊んでいて嬉しいです。家事と育児もしやすくなったので、私たち夫婦の気持ちにもゆとりが生まれて、良いことばかりです。駐車場や家の構造もしっかり下調べしてくれたので安心でしたし、こだわりのメキシコ風インテリアも叶って大満足です。これから家庭菜園にも挑戦したいなと思っています。

戸建住宅リフォーム事例一覧はこちら
施工事例一覧はこちら