No.907 広島市安佐南区 O様邸 マンションリフォーム事例

両親から引き継いだマンションをもの作りが楽しめる住空間に

リフォーム前

リビング キッチン
玄関 洗面室
トイレ

かつてはご両親、その後はお兄様が暮らしていた築31年のマンションだったが、お兄様の引っ越しが決まり、妹のO様がリフォームして住むことに。その後、銀行の待ち時間に目にしていた本誌で祇園新道沿いに店舗があることを思い出し、マエダハウジング安佐南店を訪問。対応した担当者が好印象だったことと、トイレやキッチンなどの設備や床材、壁材などが店内に多く取りそろえられ、リフォーム後の住まいの姿がイメージしやすかったことから、O様は同社に依頼を決めた。
プランでは、4DKを1SLDKへと大胆に間取り変更。和室2室とダイニングキッチンを広いLDK空間に変え、独立していたために夏は暑さが厳しかったキッチンは、対面型にして開放感を増し、収納スペースを拡大した。LDKの一角にはR仕上げの壁で仕切ったユニークな おこもり部屋 を確保。O様の好きな手芸に集中できるようにした。O様が所有する靴と洋服が多いため、寝室扱いにする洋室の横に納戸を配置し、玄関は拡大して広い土間と玄関収納を新設。さらに、ひどい結露を解消し住み心地を高めるべく内窓を付け、至るところにあった段差を解消してバリアフリー化した。「住んでまだ間もないですが、結露は全くなくて快適。特に夜の雰囲気がとても気に入っています」と、自分好みの住まいが完成したことをO様は大いに喜んでいる。



リフォーム後

「ドアを開けたら驚くような部屋にしたかった」というO様の思いを実現したLDKの中央には、色柄ともインパクト大のソファを配置。 基本的に裸足でいるため、床にはナラの無垢材を採用した。壁はお母様の力も借りて施主施工による漆喰塗りに。
LDKのメイン照明はキッチンとテレビの上に設けた間接照明。壁側のほぼ全面をキッチン収納にしたことで食器などの収納力が大幅に向上。システムキッチンの背面には白いタイルをあしらった。  ガスコンロは新しいシステムキッチンに取り付けて再利用。リビング側に油が飛び散らないよう、レンジフードの下にガラスを取り付けた。床の高さが7センチ上がったことで窓の外の景色が以前よりよく見えるようになったとか。
LDKの一角にある「ムーミンの家をイメージした」という"おこもり部屋"。遊び心あふれる壁に囲まれもの作りを楽しむアトリエ。 R仕上げの壁で仕切られた部屋の中には、コの字型にカウンターが設けられ、収納棚もたっぷり。棚の下の間接照明が、手芸を楽しむ際の手元を明るく照らしてくれる。
「夜に間接照明だけつけてソファに寝転んで過ごすのが好き」とO様。 リビングと廊下を隔てる真っ赤なドアは、好みの色に塗装し直して使用。
手持ちの洋服が多いO様のため、押し入れと和室の一部をなくして新設したウォークインクロゼット。廊下には柄入りのクロス。 寝室には奥の壁にのみ「外国映画に出てきそうな柄にしたかった」というアクセントクロスを採用。
寝室とつながる納戸には長年使っていたタンスも大切に置かれている。 納戸との間に斜めの間仕切り壁を設け、土間スペースを拡大した玄関。床にはスレート調のフロアタイルを採用し、壁際に置いたベンチの上の空間を利用して、靴が置ける可動棚を取り付けた(写真左)。
やや拡大した洗面室。奥に長い洗面カウンターを造作し、キッチン側の壁には明かり取りのガラスブロックをはめ込んだ。 壁を廊下のドアと同じ赤に塗装し、一面のみ"大人スヌーピー"なアクセントクロスを張ったトイレ。

リフォーム概要

リフォーム費用 約1,100万円
種類 マンション
築年数 約31年
施工面積

78㎡(23.6坪)

施工箇所 全面
工事期間 5カ月
家族構成 1人
施工 マエダハウジング安佐南店

お客様

リフォームを終えて

クロスや建材などを選ぶのにかなり迷ってしまい、「良い感じにしてください」と言ってプランナーさんにお任せすることもあったのですが、その選択は全て正解でしたね。私の好みを的確に把握してもらい、良いコンビネーションで楽しく家づくりができ、満足のいく住まいが完成しました。ここでいつか家族や友人を招いて鍋パーティーがしたいです。

リフォームをお考えの方必見の人気資料のご案内