No.530 安芸郡府中町 M様邸 マンション全面リフォーム事例

漆喰と無垢材の快適空間 置き場所に困った物も 収納の充実で問題解決

トップ画像
 住んでいたマンションの換気扇など水回り設備が経年劣化し、リフォームを考え始めたM様。「どうせやるならこれまで気になっていたことの改善や、住み心地の向上も併せてしたい」と、全面リフォームを決意。近所にあって度々目にしていたマエダハウジングを訪ねた。マンションのリフォーム実績も豊富で、これまでの事例を見て思い描くイメージも合致したことから、正式に依頼を決めた。
 水回り設備の一新はもちろん、「LDKの床の色を明るく」「生かしきれていない和室を有効活用したい」「玄関を広く明るく」といった数々の要望に加えて、「収納空間がもっと欲しいのでクロゼットを大きくしたい」という収納面の問題解決も要望。コーディネートは手持ちの家具と新たに購入する家具に合わせてナチュラル系で統一することに。収納については、玄関収納の新設や既存の収納の内部に可動棚などの造作を加えて使いやすくするなど、随所で工夫を凝らしている。
 当初は予算を決めず、要望を最大限盛り込んで間取りを決め、そこから本当に必要なものだけを残して無理のない予算内に収めていったM様。プランをほぼ固めたころに、以前から興味を持っていた漆喰壁を検討したところ、これも予算の範囲内で可能となったため、最終プランが決定した。

リフォーム前

洗面 浴室
キッチン LDK
玄関 トイレ

見取り図
和室を取り込んでLDKを広くし、パソコンコーナーとその背面に収納を確保。玄関横の洋室は、一部を玄関土間と収納にして玄関スペースを拡大。収納の内部には可動棚を多く取り付け、廊下の収納は収める物を採寸してから設計した。居室と廊下は全て床を無垢材に、壁を漆喰塗りに。水回り設備は全て一新した。

リフォーム後

もともと和室だった場所にはデスクを置いてパソコンコーナーに。圧迫感を感じないよう、リビングとの仕切り壁は上半分を空けている ウォールナット無垢材家具で知られるマスターウォールのシェルフ。店頭で一目惚れし、家具はこのメーカーで統一
手持ちの収納家具の上に奥行きのサイズを合わせたカウンターを造作。カウンター下の空間を収納スペースとして有効活用できている 吊り戸をなくして開放感が増したキッチン。床のタイルは名古屋モザイクで選択。誤ってスパイスなどをこぼしても掃除がしやすい
料理好きな奥様は何種類ものスパイスを使い分けるため、キッチン収納内はスパイスを出し入れしやすいよう工夫 広さは変わらないが、経年劣化していた設備を一新し、TOTOのシステムバスを採用
限られた空間なので洗濯機の上を有効活用すべく、造作棚を設置した洗面脱衣室 古くなっていたトイレも設備を新たにし、天井近くに便利な棚を設けている
新たに土間と収納を設けて広さが約2倍になった玄関。買い物帰りの大きな荷物や、ご主人の出張帰りのスーツケースなどをいったん置いておけるのが便利 玄関からも入れる奥様の部屋。元の押し入れとクロゼットの仕切りをなくして3枚引き戸の収納に
廊下の収納は、大きなライスストッカーや充電式掃除機など、収める物を採寸して確保。充電用のコンセントも完備
寝室の壁は、一面のみカラークロスを貼って白い空間にアクセントをプラスしている

リフォーム概要

リフォーム費用 約720万円
施工面積 71㎡(21.5坪)
築年数 約19年
工事期間 3ヵ月
施工箇所 全面
種類 マンション
家族構成 夫婦
施工 マエダハウジング府中店

REFORMを終えて

見取り図

無垢材の床と漆喰壁のおかげで冬の寒さが和らぎ、エアコンは以前に比べてあまり使っていない気がします。和室を取り込んだLDKは明るく広く感じられ、本当に住みやすくなりました。お気に入りのキッチンは高さを私に合わせてもらい、使い勝手が良くなって料理がしやすくなったのがうれしいですね。出張の多い主人がたくさん持っているスーツケースも、大きさや個数を考慮して玄関収納を造ってもらったので、とても重宝しています。


マンションリフォーム事例一覧はこちら
施工事例一覧はこちら