玄関壁を塗り壁からクロスに



こんにちは、府中店 中元です^^

2019年、残す所もあとわずかですね!
ですが、今年は暖冬の影響が顕著に出てしまい、オープンするはずのスキー場が悲鳴を上げている状態です・・・

なんとか雪が降ってほしいところですね (৹˃ᗝ˂৹)

さて、今回は玄関ホールの改修写真です。

築年数の経っている木造家屋ではよくある形の「真壁:しんかべ」という柱が見えて塗り壁であるつくりです。

真壁は趣もあり重厚感あるのですが、塗り壁は経年劣化でぽろぽろと剥がれたりして掃除が大変ということを
よくお聞きします。

そこで今回は壁紙を貼る工事となりました。

塗り壁には新たにクロスを貼ることができないので、あらかじめ大工さんでベニヤ板を貼るか、左官さんにクロス下地塗りをするかという方法がありますが、今回はベニヤ板を貼って壁紙を貼っています^^

2019_12_17_16_43_07_483_9.jpg2019_12_18_18_30_17_815_10.jpg


















2019_12_20_09_38_16_056_7.jpg

















実作業としては3日程頂きました!
塩ビクロスは固く絞った水拭きができるので、少しの汚れであれば拭くことで長持ちしますね^^
明るい玄関になったと思います!

ちょっと内装を変えてみたいなと思われた方はぜひご相談ください^^






ブログ一覧はこちら
  • 来店案内
  • 現場見学会情報