• HOME
  • 府中店スタッフブログ

キッチン照明

  • 投稿日:2019年 11月24日
  • テーマ:

こんにちは、府中店リフォームアドバイザーの柴下です。
ブログネタに困る今日この頃・・・

という訳で3回にわたって照明特集にします!!
まずはキッチン照明。

吊戸のないオープンなキッチンの場合ダウンライトを入れることも多いですね。
まずはダクトレール+スポットのタイプ

ダクトレール+スポット.jpgIMG_5858.jpg








































メリットはスポットライトの個数を変更できる。
方向を変えられる。
結構明るい。
です。






ペンダントタイプのもの
sk.jpgIMG_3896.jpg
























メリットは種類がたくさんある、かわいい。
商品によっては暗いこともあります。


こちらで提案することもできますし、お施主様が自分でネット購入したりもよくあります。
お好みの照明を探してみてくださいね。

次回はブラケット特集です。(予定)
お楽しみに~。
































あったかーい モデルハウス

  • 投稿日:2019年 11月22日
  • テーマ:その他

こんにちは(^▽^)/ マエダハウジング田村綾子でございます。
みなさまインフルエンザの予防接種はお済でしょうか・・・・。
息子の学校で発症したと聞き、今慌てて病院を予約しようとしております・・・。
皆様もどうかお気をつけてくださいませ。

さぁマエダハウジングでは只今安佐北区の三入にモデルハウスを建てております!(^▽^)/

IMG_1149.JPG築年数30年の2階建てです。11月9日と10日で構造見学会が開催され、多数のお客様にご見学いただきました。
中はどうなっているかというと・・・・・・・・↓
IMG_1154.JPG






← 2階部分です。
階段がまだついてないので、はしごで登って撮影
















IMG_1157 (1).JPG




←吹き抜け部分です。
まだ柵がついていないので、高所恐怖症の方は
ドキドキ
アドベンチャー気分で見下ろしました。(^▽^)/

光も入るし風も通る、1階のエアコン1台で2階も暖かい♡












IMG_1152.JPG


←2階天井裏です。

見学に来られていたお子様たちが、屋根の白い物体を見て
『雪じゃ!雪が天井についとるよ』と話していました。

雪のように見えるのはアクアフォームという断熱材です。
カネライトという断熱材の上に更に吹きつけています。

なので室内はあったかーい♡














出来上がりが楽しみのこのモデルハウス、1月に完成した姿を披露させていただきます。
完成した姿をご覧になりたい方、マエダハウジングまでご連絡くださいませ。

本日22日 RCCの『イマなまっ!』の取材を受けました!近日放送だそうです。
よろしければご覧になってくださいね (#^.^#)






無垢フローリングか合板フローリングか

  • 投稿日:2019年 11月21日
  • テーマ:

こんにちは、府中店リフォームアドバイザーの柴下です。

リフォームをする際にどのフローリング材を選ぶか迷いますよね?
大きくわけて3種類です。

①無垢フローリング
②合板フローリング
③防音フローリング(マンション用直貼りフローリング)

マンションの防音規定で③しか貼れない場合もあります。
(リフォームで乾式二重床にすると①②も貼れるようになることも)

今回は①と②の施工例をご紹介。

こちらは無垢フローリング(カバ材)
戸建無垢(カバ).jpg









こちらは合板フローリング
戸建合板.jpg










こちらは無垢フローリング(栗)
マンション無垢(栗).jpg










こちらは合板フローリング
マンション(合板).jpg









見ただけでは全くわかりませんよね。
合板といっても本物の木を薄くシート状にしたものが
貼られているので見た目は遜色ありません。

大きな違いはやはり足裏感覚かな~と思います。あったか味とでもいいますか。

合板は汚れたり、傷がつきにくくするために一番上はオレフィンシートが貼られてます。
イメージでいうとサランラップが貼られてるような感じ?(あくまでイメージです)

その分、汚れにくい、傷つきにくい、掃除しやすいですし、
無垢特有の反ったり、伸縮したりが少ないなどのメリットもあります。

上記の2件のお家は長い時間過ごすリビングは無垢フローリングに
その他のお部屋はコストダウンも考えて合板フローリングにしました。

お部屋ごとに分けても素敵に仕上げることは可能です。
メリット、デメリット、コストをふまえ使い分けるのもありですね。

ではまた。





前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ブログ一覧はこちら