自社のミッションは?

  • 投稿日:2016年 11月28日
  • テーマ:


ワタミ創業者の渡邊美樹さんの経営塾が広島で開催されました。

IMG_9108.JPG



毎年新春のセミナーでお話を聞かせて頂いたり、以前弊社にもよっていただき経営のお話を聞かせて頂いたことがあります。


一代で東証一部企業を立上げた経営者のお話は一つ一つ言葉に重みがあります。

事前に課題として自社のミッション・理念、夢・ビジョンを提出しました。

どんな事業にもミッション、使命が根幹にあり、夢・ビジョンがあるからこそ頑張れます。

弊社の理念は「住宅事業を通し、お客様の満足、社員の幸福、地域への貢献を同時に実現する」

そして、ビジョンは「地域で輝く100年企業になる」「お客様に価値あるサービスを提供し、広島一「ありがとう」と「良かった」が集まる感動コミュニティ―企業になる」。


渡邊さんは、子供ができた時に父と子の約束事5か条を作ったそうです。

1.約束は守れ、嘘はつかない
2.愚痴、陰口は言わない
3.笑顔で元気に挨拶する
4.他人の喜び、悲しみを共有する
5.決めたことはあきらめずに、最後までやり遂げる

これが今の社訓となっているようです。子育ても会社の行動指針も繋がっているのでしょう。


小5の時に母親が亡くなり、冬に父の会社が倒産し、人生最悪の時だったと言われました。

しかし、母が亡くなったからこそ今の自分があり、父の会社が倒産したからこそ、社長になろうと誓ったそうです。

どんな運命も受け止め、どう考え、自分の使命を創りだすか。


昔潰れそうになった時に取引先の酒屋さんが2,000万円を借用書なしに貸してくれピンチをしのいだそうです。

何故その酒屋さんは貸してくれたか?

「当時のワタミは必ず一日前に支払ってくれた。酒を運んだ時にスタッフは優しく声をかけてくれ、水を出してくれたから」

人間普段の行動がすべての関係を決めています。
知らないうちに自分中心になって取引先のことをないがしろにするようなことも起こりかねません。

周りに支えられてこそ今の自分がここにいることを忘れないようにしたいと思います。

IMG_9110.JPG






ブログ一覧はこちら