マンションリフォーム

  • 投稿日:2019年 9月29日
  • テーマ:


こんにちは!安佐南店の幸田です。

マンションリフォーム、昨日お引渡しでした。

設備はキッチン・洗面の取替、内装は和室以外の2LDKを替えさせていただきました。

中でも珍しい工事が、洋室から和室に替えたいというものです。
ご主人、奥様のそれぞれのお部屋、カーペットから畳に代わり、玄関を入った瞬間にイ草の良い香りが広がります。

IMG_4535.JPG


畳って本来、5cm嫌いの厚みがあるのでマンションの和室は予めスラブが畳厚分下げて作ってあることが多いんです。
今回は洋室を畳に替えるため、扉に干渉しないよう、薄畳(1.5CM厚)を使用しました。マンションは梁などで歪な床の形がありますので畳業者さんに採寸してもらって発注します。

ですが、注意する点もあります。
マンションのスラブ(床の下地)は実はきっちり水平が取れているかというとそうではありません。マンションやお部屋によっても個体差はあると思いますが、微妙に波打っていたりすることが多く、薄畳のように薄くて面積の広いものを敷いたときにスラブの凹凸を拾ってしまうことも稀にあるのです。

ですので施工前の現地調査がとても重要になってきます。
リフォームを検討される際は施工に関する注意点を把握しておくことも重要といえます。

和室を無くして洋室にしたい方も和室を作りたい方もマエダハウジングにぜひご相談ください!

K様、この度は誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。




ブログ一覧はこちら