実家の古建具再利用

  • 投稿日:2019年 9月30日
  • テーマ:

こんにちは!安佐南店の幸田です。

先月お引渡しした物件のご紹介です。

ご実家で使用されていた古建具、現在は空き家になっているのでせっかくなら自身のマンションで再活用ができないかとご要望を頂きました。



答えは、出来ます!

でも建具の状態にもよります。

破損等無いようでしたら、大工さんで敷居と鴨居を建具のサイズに合わせて造作します。

ガラスが割れている場合も厚みを測って別注すれば問題ありません。
そのほか、敷居にレールを入れて滑りを良くしたり、建具自体を塗装して少し雰囲気を変えるなんて事も出来るかもしれません。

IMG_2838.JPEG

まずは、建具の状態を確認、そ~っと運び出します!
建具屋さんに手伝って頂きました。

IMG_3946.JPEG

塗装を施し、どーん!!と完成です!!!
真ん中のみ両側に合わせて新規で造作してます。

新しくなったお部屋に実家の古建具。
どこか名懐かしさもあるとても良い空間に仕上がりました!

U様この度は誠にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

マンションリフォーム

  • 投稿日:2019年 9月29日
  • テーマ:

こんにちは!安佐南店の幸田です。

マンションリフォーム、昨日お引渡しでした。

設備はキッチン・洗面の取替、内装は和室以外の2LDKを替えさせていただきました。

中でも珍しい工事が、洋室から和室に替えたいというものです。
ご主人、奥様のそれぞれのお部屋、カーペットから畳に代わり、玄関を入った瞬間にイ草の良い香りが広がります。

IMG_4535.JPG


畳って本来、5cm嫌いの厚みがあるのでマンションの和室は予めスラブが畳厚分下げて作ってあることが多いんです。
今回は洋室を畳に替えるため、扉に干渉しないよう、薄畳(1.5CM厚)を使用しました。マンションは梁などで歪な床の形がありますので畳業者さんに採寸してもらって発注します。

ですが、注意する点もあります。
マンションのスラブ(床の下地)は実はきっちり水平が取れているかというとそうではありません。マンションやお部屋によっても個体差はあると思いますが、微妙に波打っていたりすることが多く、薄畳のように薄くて面積の広いものを敷いたときにスラブの凹凸を拾ってしまうことも稀にあるのです。

ですので施工前の現地調査がとても重要になってきます。
リフォームを検討される際は施工に関する注意点を把握しておくことも重要といえます。

和室を無くして洋室にしたい方も和室を作りたい方もマエダハウジングにぜひご相談ください!

K様、この度は誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。





リノベーションモデルハウス三入の家 


こんにちは♪ 設計デザイン部の菊田です。
9月ももう終わりですね~。
あと3日で消費税が10%に・・・・・・・・・・。
8%のうちに買い物しておかなきゃと思いましたが、よく考えるといろんな消費税対策のおかげで
消費税UP以降もいろいろとお得に買い物ができるようなので、焦る必要もないのかな?なんて思ってます。
そもそも買いたいものがないんですけどね(笑)

「三入の家」のリノベーション工事の進捗報告をいたします♪
「三入の家」とは、弊社とYKKAp様のコラボレーションで進めている、安佐北区三入東の高性能リノベーション住宅プロジェクトです。

IMG_7003 (2).jpg2019_09_07_16_13_33_570_23.jpgのサムネイル画像











築30年の家をフルリノベーションを行い耐震性・断熱性・一次エネルギー消費削減・メンテナンス性などの性能を新築住宅同等もしくはそれ以上にいたします。

2019_09_24_16_37_00_727_6.jpgのサムネイル画像2019_09_18_18_57_36_012_5.jpg

外壁も屋根も
フルスケルトン状態に。






2019_09_28_11_56_12_157_9.jpg
現在基礎の20190928120638-0.0_0.0 (1).jpg
補強工事中です。









築30年の家がどのように生まれ変わっていくか?
完成予定の12月末まで、関わるスタッフが交代でレポートを行っていきます。

構造見学会は11/9(土)、10(日)で行います。
お楽しみに!!



1  2  3  4  5
ブログ一覧はこちら