既存の家が良くなってきている

  • 投稿日:2022年 3月22日
  • テーマ:


広島のリノベーション物件など相談に乗ります。

マエダハウジングの岩本です。

最近築20年くらいの既存住宅のリノベーションの案件を私が扱うことが出てきました。

築20年というと 2002年  我々の世代から考えると最近です。

あの新築がリフォーム時期かと思うと感慨深いです。

そんな築20年の建物は 悪くない というのが現場調査時に思う事です。

例えばマンションでは ヘッダーはが組まれている

IMG_2975.JPG

戸建てでは
IMG_2994.JPG

断熱材の入れ方が 良くはないのですが もったいないと感じさせられる

といった発見があります。

2000年から2005年くらいにかけて 耐震偽装問題 シックハウス法 といったいままでの基準に疑問が持たれて 改正されていった時期

そして今は アスベスト 省エネ法 耐震がさらに改正されています。 

このことから 今の家を壊すことがもったいないことになっています。

今後は壊したくない 活かしたい がテーマになっていくことでしょう。

そこでここ最近の現場では 既存性能+α のリフォームも提案しています。 

末永く暮らせる家づくり目指していきます。

最後に リノベーションOB様がより暖房効率を上げるためにおこなったプチリフォームです。マンションの事例です。

IMG_2869.JPG

解放されていた通路にレースカーテンを付けました。

レースだけでかなりの省エネになったと聞いています。

リノベーション後も暮らし方に合わせてカスタマイズしていく一例でした。


広島のリノベーション・リフォームのことなら
株式会社マエダハウジング
広島市中区八丁堀10-14 3F 本社/八丁堀店 
フリーダイヤル 0120-164-908


お問合せはコチラから


ブログ一覧はこちら