新素材と断熱性能について

  • 投稿日:2017年 11月27日
  • テーマ:


安佐南店 岩本です。

クリスマスに向けて現場が着々と進んでいます。

今回新素材 モールテックスをK様邸キッチン前のカウンターで使用する予定です。

モールテックスの仕上りイメージはこちら

モールテックス.jpg

下地は時点はこちらに塗り込みます。塗装工程と左官工程が入り交ざるので、しっかりとした作業管理が問われます。

IMG_3307.JPG

カウンターの脚も猫脚で、これから仕上りがお客様と待ちどうしいです!!

此方の現場ではお客様のご要望もあり、断熱性能もしっかりしております。

サッシは内窓・新規窓の併用で、断熱材も高性能グラスウールを使用しています。

天井は150mmです。

IMG_0262.JPG

ただし 表面的な性能は使用材のみで検査機関なども通ってしまいます。

本当の性能は施工方法がかなり重要です。

良いものを使用しても、まったく効果が無いこともあります。

特にリフォームはここに盲点があります。

新築だと簡単なのですが・・・・ 

断熱材は壁の中の結露などで濡れてしまうと一気に性能が落ちてしまいます。

なので、

壁体内結露を起こさない事。

魔法瓶のように隙間なく囲う事が重要です。(木部は熱伝導率が低いので囲う必要はありません。)

ここで問題なのが 断熱材が入りにくい筋交の部分や気流の発生しやすい床と壁の隅などです。

特に繊維系の断熱材は気を付けないといけません。

こちらの現場では大工さんと気流止めの話や断熱材の施工方法をきちっと話をして施工をしています。

ただし、断熱気密が良くなると確実に必要なのが 【換気】です。

みなさん寒くて給気口を閉めたりしていませんか。

換気は 新しい空気を吸って 吐くところまでしないと意味がありません。 

換気はしっかりしないと結露したり、空気が淀みます。

外の空気を入れるのが寒いようでしたら、熱交換をする換気扇も有効です。

新築の高気密住宅でしたら最近は一般的になっています。

リフォームでは【ロスナイ】という熱交換型の換気扇も寒さを気にしないで有効かと思います。


ロスナイ

それでも結露等 にお困りの方は

湿気を吸放出をする素材を使用することも有効です。

たとえば lixilさんのエコカラット 大建工業さんの サラリアートなどです。

こちらは先日完工をさせていただいたM様邸にて使用させていただいた サラリアートです。

IMG_0298.JPG

家の性能をあげることは地味ですが、すごく難しく費用も掛かります。

しかし 温度差をなくすことで お年寄りはヒートショックの危険を減らし

湿度を一定にすることで 子供たちのアレルゲンをなくすことが 安心な住まいづくりに繋がります。

これから家づくりを検討される方は性能に費用をかけることも重要かもしれません。
ブログ一覧はこちら