高窓



広島でリノベーションのご相談ならお任せください。

マエダハウジングの岩本です。

2020_01_27_20_29_21_208_12.jpg

三入の家では 2階の窓はたかいところに付けています。

それは夏対策です。

温かい空気は上昇する性質があります。

暖房をつけた室内で、2階建ての家では冬場、「2階は暖かいけれど1階は寒い」という経験をされた方もいるでしょう。

これらは自然対流の性質から起こることです。

この性質を換気通風に役立てるためには、建物の低い位置と高い位置に窓をとることが効果的です。

すると、低い位置の窓からは冷たい空気が入り、それが建物内を上昇していき、暖まった空気は高い位置の窓から出ていきます。

この手法を「温度差換気(重力換気)」といいます。

三入の家では温度差換気を多用しています。

夏の夜 窓を開けておくと朝涼しくなり、エアコンの使用が少なくてすみます。

窓の位置は少し考えるだけで 風が入りやすくなったり抜けやすくなったりします。

プチリフォームでもできます。

窓の位置考えてみませんか?

広島のリノベーション・リフォームのことなら

株式会社マエダハウジング
広島市中区八丁堀10-14 3F 本社/八丁堀店 
フリーダイヤル 0120-164-908


お問合せはコチラから


ブログ一覧はこちら